町田版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

市民ホール単独公演を行う「まちだガールズ・クワイア」をプロデュースする 石田 ショーキチさん  50歳

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

同じ景色を見せてあげたい

 ○…町田に来てようやく自分の居場所を見つけた―「SPIRAL LIFE」としてメジャーデビューし、カリスマ的人気を博す。最後のコンサートは横浜アリーナを即日完売。その後、音楽を通じた地域貢献を行う会社を町田に立ち上げて「まちだガールズ・クワイア(町ガ)」をプロデュースする。グループ結成から4年。「どれだけ町田にコミットしてきたか」を推し量る意味も込めて、4月13日(土)に市内最大キャパを誇る市民ホールで単独公演を開催する。

 ○…メンバーに話したのは昨年の夏。公演まで1年を切る中、自身の音楽活動に加え、作詞作曲、町ガのアルバムづくり、ライブの告知に奔走する。街中を走り回り、人と会い、頭を下げた。すべては「音楽が人々に元気を与える。彼女たちに自分が見てきた同じ景色を見せてあげたいから」

 ○…静岡県出身。上京後、バンドで成功し、数々の有名アーティストをプロデュースしてきた。それでも安息の地はなく、ここにたどり着くまで十数回も居を移した。今ではFC町田ゼルビアの熱烈なサポーターでもあり、行きつけの中華料理店の餃子が「世界一うまい」と豪語するほど、地域に馴染んでいる。

 ○…「自分の力を街が必要としてくれるところまで発展したのは初めて」。いつかはやりたいと思っていたアメリカのガールズポップの再構築。町ガのメンバーと出会い、「今こそやるときだ」と運命的なものを感じた。「(合唱は)歌がうまいから感動するわけではない。少しずれることで音階に膨らみが出て豊かに聞こえる。そして一生懸命歌っている姿に人々の心は動く」。自分の音楽は人々を幸せにしてきたのか。音楽の神様は答えてくれない。そこから得た答えは哲学と同じ。問うべき疑問を教えてくれるだけだ。

町田版の人物風土記最新6

市川 展久さん

第55代町田青年会議所理事長に就任した

市川 展久さん

木曽在勤 38歳

1月13日号

石橋 光穂(みつほ)さん

「二十祭まちだ2022」の実行委員長を務める

石橋 光穂(みつほ)さん

小山町出身 20歳

1月6日号

矢舟 テツローさん

市内出身のミュージシャンで、約6年ぶりにアルバムを発表する

矢舟 テツローさん

町田市森野出身 

12月9日号

中坪 亮輔さん

まちだ野菜を市民に届ける株式会社マチコロで代表取締役を務める

中坪 亮輔さん

木曽西在住 20歳

12月2日号

岡 資治さん

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める

岡 資治さん

旭町在勤 63歳

11月25日号

林 アメリーさん

布のアッサンブラージュ作家で、町田福音キリスト教会で作品展を開く

林 アメリーさん

品川区在住 88歳

11月18日号

『町田独立宣言』

町田への愛と危機感を込めた渾身の一冊。今春、町田市内書店にて発売予定!

https://ameblo.jp/takahiro0938/

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook