町田版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

草木染や藍染作家として市内の古民家で初めての展示会を開く 永井 ゆずりさん  鶴川在住 

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 ○…小さいころから深い青色が好きだった。それが藍色と知ったのはもっと成長してからだ。2019年から草木染や藍染作家としての活動を開始し、初めての展示会をこの春に開く。じっくりと時間をかけて行う手仕事の貴さや自分の思いを作品に込める。「天然の素材に自然の染料で染める。大量生産されたものではない、色の向こう側にあるものを感じてもらえたら」

 ○…長野県で生まれ、幼少期はパプアニューギニアで過ごす。姉、兄を持つ三兄弟の末っ子で、はだしで駆け回るほど活発な子だった。「物作りも好きでしたね、トイレットペーパーの芯とかを使って」と笑う。中学2年のときに町田へ移り、高校はインターナショナルスクール。ハワイの大学へ進み、卒業後1年間はインターンとして働いた。ハワイで過ごした5年間でやりたいことはすべてやり切った。

 ○…帰国後、母親が営む英会話スクールを手伝いながら次に進むべき道を探った。自分のことを完璧主義者で、物ごとをとことん追求する性格と分析する。これからの人生、長い時間をかけて取組めるものは何かと考え抜き、まったく知識のなかった染め物の世界に飛び込んだ。何もかもが手探り状態で、ときには不安にかられ、己の心の弱さとも対峙した。

 ○…染め物について学ぶうちに素材づくりにまで手を広げることに。季節を肌で感じながら畑で綿を育て、繊維から糸を紡ぎ、染め物を経て布にする。同じ染料でも配合によって違う色になる不思議さにも魅了された。作業に没頭すると時間という概念が消え、心が穏やかになることに気づいた。「色を通して向き合ったのは自分。まだまだ未熟な部分も含めて、今ある自分のストーリーを作品から伝えたい」

町田版の人物風土記最新6

鈴木 椎那(しいな)さん

6月20日(日)の「少し遅い母の日コンサート」に出演する

鈴木 椎那(しいな)さん

相模原市在住 25歳 

5月13日号

佐藤 昇さん

自身の教育論・教師論を著した『子どもに寄り添う教師』を上梓した

佐藤 昇さん

高ヶ坂在住 72歳

5月7日号

関根 正司さん

境川クリーンアップ作戦実行委員会の実行委員長を務める

関根 正司さん

相模原市在住 54歳 

4月29日号

渡辺 文久さん

町田産ブドウでワインをつくるプロジェクトを始めた

渡辺 文久さん

玉川学園在住 54歳 

4月15日号

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter