町田版 掲載号:2022年8月4日号 エリアトップへ

地元出身で、先月FC町田ゼルビアに入団した 太田 宏介さん 小川出身 35歳

掲載号:2022年8月4日号

  • LINE
  • hatena

選手人生、愛溢れる地元で

 ○…「年齢を重ね、どこで選手人生を終えるか考えていた。恩師のポポさんが呼んでくれて、街の皆さんの”おかえり”がとても嬉しい」。先月、FC町田ゼルビアに入団。つくし野SSSからFC町田(現ゼルビアアカデミー)、麻布大附属渕野辺高を経て、横浜FCでプロデビュー。町田で育ったサッカー少年が日本代表、海外組を経て戻ってきた。「所属してたチームがプロチームになるなんて夢みたい。通った野津田競技場もスタジアムになって感慨深い」と懐かしむ。

 ○…少年時代は「内向的で人見知りだった」という。中学入学時には市外チームからオファーもあったが断った。「仲間と楽しくサッカーしたくて。それは基本的に今も変わらない」。夢だったサッカー選手への道が開けたのは高3のころ。プロになってからは、試合に出たい、J1へ行きたい、ベスト11に入りたい、日本代表に入りたいと、その都度目標を設定し強い気持ちで叶えてきた。「自分でアクションを起こすと世界が変わった。技術より気持ちの方が大事」と言い切る。

 ○…原点となるのは幼いころの誓いだ。中学生の頃に両親が離婚。家庭の事情で成瀬に引っ越し経済的に厳しい生活を送った。「苦しむ母の力になりたい」という想いが自分を強くした。プロ契約の時に訪れたベイシェラトンホテルで聴いた母の「よかったね」の一言を今も覚えている。

 ○…最近会話ができるようになってきた3歳の息子と家族で出かけるのが息抜きだ。試合以外でも、地元の子どもたちと直接触れ合う機会をたくさん作りたいと考えている。「ゼルビアは実は面白くて迫力のあるサッカーをしている。ぜひ生で試合を見てほしい。環境的にも整ったし、J1昇格に貢献したい」

町田版の人物風土記最新6

岩城 直也さん

NYを拠点に日米で活躍する作・編曲家、演奏家で府中市でコンサートを行う

岩城 直也さん

町田市在住 28歳

8月11日号

太田 宏介さん

地元出身で、先月FC町田ゼルビアに入団した

太田 宏介さん

小川出身 35歳

8月4日号

竹中 清史さん

生涯学習センターの夏の平和イベントで原爆被爆体験を語る

竹中 清史さん

金井在住 83歳

7月28日号

高橋 瑞樹さん

米国バックネル大学准教授で、母校・町田高校で講義した

高橋 瑞樹さん

市内出身 49歳

7月21日号

高橋 清人さん

5月22日付で町田市町内会・自治会連合会の会長に就いた

高橋 清人さん

図師町在住 78歳

7月7日号

梅木 和江さん

「茶器袋物師」として活躍する

梅木 和江さん

金井ヶ丘在住 71歳

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook