神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2023年11月23日 エリアトップへ

法大同窓会団体 学生らの「経費」補助 ボラグループなどに来年

社会

公開:2023年11月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
先ごろ開かれた法大の学祭でも「焼きそば店」を出した法友会
先ごろ開かれた法大の学祭でも「焼きそば店」を出した法友会

 法政大学の卒業生らの集まり「町田法友会」が学生支援にあたる。地域でボランティアに励む法大生グループが活動で必要とする経費などの補助を計画するもので、選考の上、複数の団体への支援を予定しているという。

 町田法友会は町田市周辺に住む法政大学OBらで構成される団体で、これまで会員同士の親睦を深めつつ、法大運動部などの応援にあたってきた。

 今回、ボランティア活動に励む法大生らの支援を計画するきっかけとなったのは、大学時代に地域の居場所づくりのボランティアに取り組んでいたメンバーの橋本空さんの経験。活動を進めるための経費が足りず悩んだことや、行政などからの助成を受けられたとしても使用用途が限られ活用できなかったことがあったといい、「あまり注目されないことだが、支援が必要と考えた」と橋本さんは振り返る。

 そんな相談を受けたのが法友会に橋本さんを誘った大谷光雄さん。「若い人の声を生かせれば」と法友会の取り組みとして会メンバーらに話をし、学生支援を今年度の事業計画に組み入れた。「これまでは運動部を応援することが多かった。地域のために活動する学生にも目を向けられればと思った」

面談し決定

 法友会はこの後、支援策について固めていき、来年に入ってから、対象となる学生団体を面談。複数の支援先を決定していく考えという。そのための費用は町田市内のイベントに法友会として出店を出し、そこで得た収益をあてる計画を立てている。

 法友会の芝田晃会長は「来年3月ごろに支援金を手渡すことができれば。来年度以降も継続していきたいと考えている」と笑顔で話す。

 地域活動に取り組む町田市内の団体などの相談に乗る「町田市地域活動サポートオフィス」のスタッフでもある大谷さんは「今回の取り組みが学生を応援する事例の1つとして他大学のOB会などにも広がっていってもらいたいと思う」と期待を寄せている。

来月、出店

 法友会が今回の支援金にあてる収益を得るために「焼きそば店」を出すのは12月2日(土)から始まるイベント「まちカフェ!」。同日、町田市役所内で行われる催しにブースを出店する予定といい、芝田会長は「多くの方に来場いただければ」としている。

打ち合わせをする大谷さん(左)と橋本さん
打ち合わせをする大谷さん(左)と橋本さん

募金箱設置/チケット千円/申込は市民ホール等

①10:30〜「ひとにぎりの塩」②14:30〜「一献の系譜」

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

初のJ1に挑む

FC町田ゼルビア

初のJ1に挑む

24日 ガンバと開幕戦

2月22日

子育て関連など1792億円

町田市予算案

子育て関連など1792億円

前年度に比べ6.4%増

2月22日

「栽培しやすい鉢」開発

サレジオ高専生

「栽培しやすい鉢」開発

企業と連携 販売開始

2月15日

小野路和牛の地産地消を

小野路和牛の地産地消を

地元で周知活動スタート

2月15日

GION周辺に駐車場500台

GION周辺に駐車場500台

新たに確保 ゼルビア期待

2月8日

団地商店街に新たな活気

団地商店街に新たな活気

山崎ほか、多摩NTに動き

2月8日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

その人らしい暮らしを提供する

270か所余の「介護事業所」を運営

https://jala.co.jp/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook