多摩版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

意見広告 熱く、再起動! 前東京都議会議員 こいそ 明

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
現在は桜美林大学客員教授、東京医療学院大学シニアアドバイザーを務める
現在は桜美林大学客員教授、東京医療学院大学シニアアドバイザーを務める

 昨年からつづくコロナ禍という未曾有の危機に直面する中で、私たちの暮らしも大きく変わりました。生活を守るためにも今こそ政治に課せられた使命は大きなものと痛感しています。改めてこの難局を乗り越えるためにもゼンリョクで取り組んで参ります。

命を救える街へ

 そもそも私が政治を志したのは、まさに命を救える街をめざしたからです。私は昭和27年に当時の多摩村で生まれました。思いっきり遊んだこの地域の原風景を今も思い出すことがあります。豊かな自然に恵まれたこの地域にも多くの課題がありました。なかでも、少年期の私に深い衝撃を与えたのは医療と河川の氾濫の問題でした。数少ないお医者さんが出掛けると、無医村になり、お医者さんがいないために助かるかもしれない命が助からない。そんな場面を目の当たりにしました。もちろん当時の私に何かが出来るわけではありません。それが故に、少年の私には悲しい出来事でした。

 また、当時の乞田川や大栗川は整備がされておらず大きく蛇行する川であり、大雨が降ると頻繁に氾濫を繰り返し度々住民の命を脅かす川でした。そんな環境を大きく変えて命を救える街にしたい。この想いが政治を志した原点です。

50年後も輝く街に

 多摩市は、ニュータウン開発で一気に変わりました。自然環境が失われていくことに一抹の寂しさを覚える一方で、それ以上に街が発展する期待や嬉しさを感じています。私はこれまで議員秘書として政治のイロハを学び、多摩市議会議員を5期務めたあと、都議会議員を5期務めさせていただき、一貫して地方政治に携わらせていただきました。これまでも、どの問題に対してもゼンリョクで取り組んで参りましたが、今ある課題だけでなく未来をどう描くかも政治家の大切な役割だと考えています。50年後、ニュータウン人口が半減するとの衝撃的な予測もありますが、一歩先の社会情勢を見極め、適切かつ迅速な改革で50年後も輝く地域にできる。私はそう思っています。

 まだまだ止まることはできません。これからも、初心を忘れず、50年後にも輝いている街づくりをめざします。皆様にお力添えをいただきながらこれからも結果を出し続けていく決意です。

こいそ明

多摩市貝取1449-1

TEL:042-389-6300

http://akira-koiso.com/

多摩版の意見広告・議会報告最新6

10年間で4割も子どもが減った?

意見広告

10年間で4割も子どもが減った?

多摩市議会議員 遠藤ちひろ

1月20日号

「住みたい街」トップ10に

「住みたい街」トップ10に

多摩市議会議員 遠藤ちひろ

1月1日号

市民の命と安全を守る

意見広告

市民の命と安全を守る

このまちに生きる、ゼンリョク こいそ明

6月24日号

多摩地域にも集団接種会場を

都議会報告

多摩地域にも集団接種会場を

都議会 無所属・東京みらい 斉藤れいな

6月10日号

このまちに生きる

意見広告

このまちに生きる

ゼンリョク こいそ明

5月13日号

コロナ対策「支援」延長へ

都議会報告

コロナ対策「支援」延長へ

都議会 無所属・東京みらい 斉藤れいな

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook