大和版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

大和美術協会の会長に就任した 吉田 光男さん 上草柳在住 79歳

芸術で豊かな心を

 ○…大和市に芸術文化を根付かせるため、2000年に会員11人で発足した大和美術協会。「大和展」「大美展」「美術講演会」の開催を3本柱に、広く市民に美術とふれあう機会を作り出している。今年に入り8人が新たに入会し、現在の会員は40人。その舵取り役にこのほど就任した。「入門教室などを開いて、絵を描く人を増やしていくことが今後の目標。心の豊かな市にしていくため、少しでも貢献できれば」と微笑む。

 ○…東京・高輪の生まれ。小学5年生で栃木県の塩原温泉に疎開した。疎開先では食べ物がなく、栄養失調になる友人もいたという。6年生で終戦を迎えた時、体重はわずか20kg。「あと半年、戦争が続いていたらこの世にいなかったかも」と苦笑を浮かべる。昨年には疎開先でお世話になった寮母さんを招き、同窓会も開いたそうだ。「今だからこそ笑顔で振り返れますが、当時は本当につらかった。夢を持てる時代ではなかったですね」

 ○…大学卒業後は自動車メーカーに就職。設計、企画、開発など様々な分野に携わった。早朝に家を出て、深夜に帰宅する日々。アメリカやヨーロッパへも視察のため、何度も足を運んだそうだ。ゴルフ場で使用する乗用カートの開発のため、始めざるを得なかったゴルフが唯一の趣味だったという。「家庭のことは全て家内にまかせっきり。典型的な仕事人間でした」と苦笑い。

 ○…定年後は仕事に向けていた力を趣味に傾け、鎌倉彫、社交ダンス、ウクレレ、絵画などに次々と挑戦。「設計が長かった分、どうしても写実的な絵しか描けなくて」と笑う。ただ、絵を描くようになってからは、以前は見過ごしていた花の美しさ、風景などに目を留められるようになったという。「現代は、物は豊かかも知れない。しかし心の豊かさは見過ごされている気がします。生活に潤いを与えるためにも、芸術にふれあう機会を広げていきたいですね」

大和版の人物風土記最新6件

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

沢田 耕太郎さん

公所自治会会長を務める

沢田 耕太郎さん

7月20日号

熊田 康則さん

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める

熊田 康則さん

7月13日号

諸星 俊二さん

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する

諸星 俊二さん

7月6日号

上田 博久さん

「境川クラブ」の会長(代表マネージャー)を務める

上田 博久さん

6月29日号

古谷 小枝子さん

25周年を迎えた「大和・生と死を考える会」の会長を務める

古谷 小枝子さん

6月22日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク