大和版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

緑野小4年吉田龍晴君 囲碁県予選で準優勝 8月の文科大臣杯出場へ

文化

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
賞状を持ち笑顔の吉田君
賞状を持ち笑顔の吉田君

 第37回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会神奈川県予選・小学生の部が6月12日に相模原市民会館で行われ、大和市立緑野小学校4年生の吉田龍晴君が準優勝。8月の全国本選大会(東京・市ヶ谷本院)への切符を手にした。

 吉田君が県予選に挑んだ文部科学大臣杯少年少女囲碁大会は、小学生囲碁の全国大会では歴史が長く、これまでに数多くのプロ棋士を輩出。囲碁界初の7冠を達成した井山裕太棋士も、小学2年、3年時にこの大会で2連覇している。吉田君は昨年7位で本選への出場を逃しており、「昨年より5つ順位を上げられた。初めてこの全国大会に出場でき嬉しい」と喜びを語る。

囲碁道場で腕磨く

 彼が全国の舞台に立つのは初めてではない。5歳のときに祖父や父親の影響で囲碁教室に通いだすとめきめきと頭角を現し、小学校入学前には全国4位の成績を収めるまでに。小学1年生で世田谷の名門囲碁道場の門を叩き、現在は週4日通い同世代のライバル達と腕を磨いている。道場に行かない日も囲碁から離れることはなく、「詰碁」や「棋譜並べ」を1、2時間程度しているが、「周りと比べると少ない方」だという。

 好奇心旺盛で、囲碁以外にも好きなことが多くある吉田君。中でも工作が大好きで、昨年は市の創意工夫展で優良賞を受賞。また、月に100冊本を読むという読書家の一面もある。

夢はプロ棋士

 8月の全国大会での目標は「優勝」。家族の支えを励みに、これから大会に向けギアを上げていく。将来の夢はプロ棋士。「タイトルを獲得して、有名な棋士になりたい」。最近話題の人工知能については「いつか対局して勝ちたい」と述べた。
 

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のトップニュース最新6

本多選手が五輪切符

水泳日本選手権

本多選手が五輪切符 スポーツ

200バタ、瀬戸選手抑え優勝

4月16日号

「大流行、肌で感じた」

タウンレポート

「大流行、肌で感じた」 社会

医師会・小林会長インタビュー

4月16日号

5世代の車両一堂に

5世代の車両一堂に 経済

19日ロマンスカーミュージアム開業

4月16日号

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter