大和版 掲載号:2017年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

現在、北海道を拠点に森林風景を撮影する写真家・写真絵本作家の 小寺 卓矢さん 南林間出身 46歳

幸運つかむ「自然体」

 ○…「森に息づくいのちの繋がり」をテーマに北海道や本州の森林を撮影し、書籍・写真絵本など多方面で作品を発表している。写真絵本は、道徳副読本や読書感想文の課題図書にも採用され、6月に最新刊『いろいろはっぱ』を刊行。昨年に引き続き、母校で特別授業を行った。

 ○…青春時代は長続きしないことが多かった。南林間小ではサッカーを2年で、南林間中ではハンドボール部を1年の夏休みに、海老名高ではワンダーフォーゲル部を1年の夏休み前に、日大では南米民族音楽部を入部歓迎会の後にやめた。そんな中長く続いたのが、小5で始めたボーイスカウト。キャンプを通した自然との触れ合いに夢中になった。また、大学でカメラ好きの友人に出会ったことでカメラが大好きに。泉の森にも足を運び、植物にレンズを向けていたという。

 ○…自然とカメラ。自分の好きなものが組み合わさった「自然写真家」に憧れを抱き、大学卒業後、アラスカへ。そこで出会い親交を深めたのが、写真家の故・星野道夫氏だった。「初対面の時のことは興奮して何も覚えていない」と若き日の感動を振り返る。その後、星野氏から『GOOD LUCK』とメッセージがついたカメラを譲り受け帰国。写真家として歩み始めた時期に星野氏の訃報が飛び込んできた。「宿題をもらった気がした。生と死とは何かと考えた」。現在は北海道芽室町に拠点を構え、森林を舞台に、生も死も見つめた作品を発表している。

 ○…「森では、写す対象を自分で選択し、足元でコケや草を踏んでいることを忘れてはいけない」と、いつも自然への謙虚な気持ちを忘れない。謙虚で飾らない姿勢は人に対しても同様で、どのエピソードも人との出会いへの感謝に溢れている。「今まで幸運が重なっていて、『GOOD LUCK』という言葉が深く心に響く。僕はその幸運を逃さずつかみとれる力はあると思う」と小さく胸を張った。

大和版の人物風土記最新6件

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

齋藤 正果(まさかつ)さん

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める

齋藤 正果(まさかつ)さん

1月26日号

本山 勇次さん

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた

本山 勇次さん

1月19日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク