大和版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

バンコクに生息するオオトカゲの写真を撮り続け、シリウスで写真展を行った 千葉 康夫さん 中央林間在住 77歳

トカゲ愛がとまらない

 ○…シリウスでオオトカゲの写真展「ルンピニ公園の奇蹟」を開催、5日間で約1200人が来場した。展示では子どもが見やすいよう低い場所に展示したほか、一部の作品は床に置き、持てるよう工夫した。「『ママみてみてー』と写真を持ってはしゃぐ姿を見て『やった』と思った」としてやったりの笑顔を浮かべた。

 ○…オオトカゲとの出会いは、2003年頃。定年退職後、夫婦で1年の半分を過ごすタイのバンコクで、公園を歩いていると水辺から土手にあがるワニのような巨大トカゲを見た。爬虫類は苦手で、「今でも蛇を見たら寝付けない」が、オオトカゲには魅力を感じた。「そこはトカゲがいるのが日常。木の上で、だら〜んと昼寝していたりするのが可愛くて」。以来、その姿をカメラに収め続けている。

 ○…東京生まれ。幼少時代は野球が大好きだった。当時活躍していた同じ苗字で巨人の伝説的二塁手・千葉茂選手に憧れ、背番号は3。後楽園で行われた日本初のナイター公開練習も見た。大学で月刊誌の編集に携わって雑誌の面白さを知り、卒業後は学研の編集者に。幼稚園・保育園の先生向け雑誌「ピコロ」の創刊号では、「お辞儀の仕方」を特集し反響を呼んだ。「『よくこの企画をやってくれた』と専門家に評価され嬉しかった。毎日仕事が楽しくて楽しくて。本当にいい仕事に恵まれたなと思う」。仕事の話になると目の輝きは一段と増し、話は尽きない。

 ○…バンコクの目まぐるしい街の変化が面白く、今はもう日本の方が「仮住まい」の感覚。再び10月にオオトカゲの住む街へ発つ。「残念なことに、現地でオオトカゲは縁起の良くない迷信があるため、実は忌み嫌われている。なので多くの人に共生の様子を知ってもらい、観光資源として大事にされてほしい」。ダンディーな風貌だが、オオトカゲへの思いは少年のよう。「ずっと元気でトカゲと遊んでいたい…」と愛おしそうに呟いた。

大和版の人物風土記最新6件

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

齋藤 正果(まさかつ)さん

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める

齋藤 正果(まさかつ)さん

1月26日号

本山 勇次さん

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた

本山 勇次さん

1月19日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク