大和版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

「2018やまと成人式」で実行委員長を務める 清水 仁志さん 草柳在住 20歳

思い出に残る式を

 ○…間近に迫った成人式。元気でフレンドリーなリーダーのもと実行委員会の話し合いは穏やかな雰囲気で進んでいたが、話を聞くと「実は焦りや不安もあるんです」とポツリ。ただ、心配だからこそ余念はない。「思い出に残る式」にするため、昨年の夏から平日の夜などに時間を縫って何度も実行委員会を開催し、会の進行役・まとめ役として奮闘してきた。

 ○…脳裏に焼き付く、あの熱気と興奮。工夫を凝らした演出で県内初の「成人式大賞」を受賞した昨年の成人式に、「次年度新成人」の立場で参加していた。「実行委員会の団結力があり、会場の盛り上がりがすごいと思った」。来年は自分がこの空間を創りたい―。昨年と比較されるプレッシャーを感じながらも、迷いなく委員長に立候補した。

 ○…地域でボランティアを長く続け、2011年には善い行いをしたとして「大和市青少年善行ほう賞」を受賞している。きっかけは、小学4年生のときに始めた引地川の清掃。家の前を流れる川で清掃をしていた団体を見て、「いいことをしているな」と思い、自分から声をかけて参加するようになった。以来、「地域のお兄さん、お姉さん」として子どもの遊び相手になるジュニアリーダーズクラブ「サークルありんこ」や、介護サークルなど様々な分野でボランティアに携わる。「今は社会人なので学生の時のように、とはいかないが、年代を超えた出会いがあるので無理のない範囲でずっと続けていきたい」と地域活動への思いを話す。

 ○…幼い頃、地域で元気よく挨拶をして『挨拶名人』と呼ばれたほどで、今でも地域の祭りに行けば、世代問わず多くの人に声をかけられる人気者。これほどまで大和を愛し、大和に愛されるハタチの「大和っ子」も珍しい。散歩好きで、好きな言葉も「何事にも一歩ずつ」。着実に準備を進めてきた成人式の舞台で、「名人」はとびきりの挨拶を披露してくれるだろう。

<PR>

大和版の人物風土記最新6件

岡森 香沙音(かさね)さん

大和シルフィ―ドで新キャプテンを務める

岡森 香沙音(かさね)さん

4月13日号

宮崎 大祐さん

明日から新宿で『大和(カリフォルニア)』が上映される大和出身の映画監督

宮崎 大祐さん

4月6日号

川本 龍成さん

4月1日にリニューアルオープンする大和徳洲会病院の院長

川本 龍成さん

3月30日号

牛山 保さん

神奈川県央小売酒販組合 大和支部の支部長に就任した

牛山 保さん

3月16日号

阿座上 広希さん

大和リハビリテーション連絡会の会長を務める

阿座上 広希さん

3月9日号

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

うたごえ「青麦」

参加者募集

うたごえ「青麦」

4月22日 桜丘センター

4月22日~4月22日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク