大和版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める 加藤 太一さん 桜ヶ丘中央病院勤務 38歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

何事にもシャカリキ

 ○…認知症に関する理解などを求め、全国でタスキをつなぐランニングイベント「RUN伴」。「ランナーが通過するだけのイベントで終わらせず、市内でもっと広めたい」と3年前から独自に『+やまと』として始まった。昨年から2代目実行委員長を務める。昨年は市内5カ所からゴールを目指すランイベントに加え、著名人を呼んでの講演会を行った。「若い人にも興味を持ってもらえ、反響は大きかった」と手ごたえを感じている。今年も4月21日の本番に向け、準備がスタートしたところだ。

 ○…生まれは横浜。少年時代は平塚で過ごす。自転車大好き少年で、中学では夏休みを利用し平塚から母の故郷・青森までや北海道一周など自転車で旅行した。漫画『シャカリキ!』に影響を受け、高校は自転車競技部のある向上高校へ。卒業後は実業団に入り、チーム競技として続けた。

 ○…高校時代、父が難病指定の病に侵される。余命1年。「自転車なんかやっていていいのかな」。悶々とした気持ちで続けていた実業団での自転車競技を3年で諦め、新しい道を踏み出す。「人とコミュニケーションを取るのが好き」。自分に合った専門職として目指したのが言語聴覚士だった。生活費を稼ぎながら夜間学校に4年通い、夢をかなえた。桜ヶ丘中央病院に所属して9年になる。「縁もゆかりもなかったが、人のつながりが豊か」と大和市が大好きになった。当時、余命宣告を受けていた父は今でも健在。「自転車を諦めた時、涙したのは父でした。応援してくれていたので。もちろん今の仕事も喜んでくれています。メチャメチャ元気ですよ」と笑顔を見せた。

 〇…休日は小学1年生の愛息との時間が楽しみ。「もうすぐ友人との時間の方が多くなるので、今のうちに」と登山やキャンプに連れ出す。最近は自転車での遠出も。「怪我も多いし、自転車競技はやらせたくないなぁ。とにかく健康で育ってくれれば」と目を細めた。

大和版の人物風土記最新6

横田 隆夫さん

新しく(公社)大和市医師会の会長に就任した

横田 隆夫さん

よこた小児科クリニック院長 65歳

6月18日号

力武(りきたけ) 誠さん

ギターのリペアマンとして経験を生かしたオリジナルギターを製作する

力武(りきたけ) 誠さん

市内中央在住 44歳 

6月11日号

塩見 直樹さん

つきみ野でファーマーズマーケットを企画する

塩見 直樹さん

つきみ野勤務 57歳

6月4日号

小山 洋市さん

5月10日付で大和市副市長に就任した

小山 洋市さん

鶴間在住 62歳

5月28日号

小川 穣さん

ハーブ農家で、関連のNPO法人の代表を務める

小川 穣さん

上和田在住 42歳

5月21日号

吉澤 弘さん

第61代大和市議会議長に選出された

吉澤 弘さん

西鶴間在住 59歳

5月14日号

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter