大和版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

脳梗塞の影響で左半身に麻痺を抱えながら卓球療法士とインストラクター講師の資格を取った 山田 正明さん 中央林間在住 70歳

ピンポンがくれた生きがい

 ○…昔から身体を動かすのが大好き。学生時代はスキーに凝り、スキーのトレーニングのために、と50代でマウンテンバイクを始めた。休日には毎週のように60Kmを走破。その日も気持ちよくペダルを漕いで帰宅。風呂で汗を流し、脱衣所に出ると貧血のような感覚に襲われた。意識が戻り、立ち上がろうとするが、力が入らない。脳梗塞だった。異変に気付いた家族に助けられたが、左半身に麻痺が残った。「明日から会社はどうなるのだろう」。30代の頃、社長と2人で会社を興し、責任ある立場にいたが、手足の自由が利かず、運転もできないため引退。「80歳まで働くつもりだったのに」と悔しさを滲ませた。

 ○…3か月の入院を経て、リハビリ病院へ転院。主治医から「後遺症がひどい。このままでは一生車いすだよ」と言われ、闘志に火が付き、リハビリに精を出す。「今思えば、奮起させるためだったんだよね」と懐かしそうに感謝の笑みで応える。

 ○…リハビリ病院を退院後、機能訓練のデイサービスを探していた時、「負けず嫌いの山田さんにピッタリの場所がある」と教えられたのが卓球をリハビリに取り入れた施設。卓球台の反対側から機械がリズムよくピンポン球を打ち出すのを見て即決。今では機械相手なら600回のラリーを繰り返すことができる。

 ○…卓球を通したリハビリ経験から、自らも卓球療法士の資格を取得。さらにインストラクター講師として介護施設の「利用者」から「就業者」になる可能性を示した。「同じ立場の人に勇気を与えられたら」と意欲的。今後の夢は、自らの経験やリハビリに卓球が効果的であることを伝えるため、施設の代表と全国各地での講演なども考えている。「全国回って、旨い物食って、温泉入りたいね」と野望を口にした。

大和版の人物風土記最新6件

千葉 証(しょう)さん

3月13日付で大和警察署長に就任した

千葉 証(しょう)さん

4月19日号

平田 幹治さん

大和商工会議所青年部の会長に就任した

平田 幹治さん

4月12日号

齋藤 竜星さん

「優良な少年消防クラブ指導者(総務大臣賞)」を受賞した

齋藤 竜星さん

4月5日号

増岡 美子さん

ママさんバレーチーム「鶴間台」の選手兼監督として「やまゆり杯」連覇に導いた

増岡 美子さん

3月15日号

小西 康夫さん

大和市ラグビーフットボール協会の理事長を務める

小西 康夫さん

3月8日号

落合 護さん

県高校体育連盟の体育功労賞を受賞した

落合 護さん

3月1日号

4/22家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

慈緑庵で無料落語

慈緑庵で無料落語

5月3日 先着25人

5月3日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク