大和版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

大和市 認知症相談の「灯台」に 窓口開設、専用電話も

社会

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
灯台の看板が設置された窓口
灯台の看板が設置された窓口

 大和市は1月6日、認知症に関する総合相談窓口「認知症灯台」を市保健福祉センター4階に設置した。電話やセンター窓口で相談を受け付け、「どこに相談すればよいかわからない」悩みや疑問にも広く応じる。

 認知症に関する相談は、高齢者の総合相談窓口である市内各地区の地域包括センターでも行っている。しかし、「どこに相談すればよいかわからない」「相談すべき内容か迷う」と相談に至らないケースもあった。市では「認知症については、まずここを頼りにする」ことを目的に、市庁舎内に「認知症灯台」という名称で窓口を開設。悩みを丁寧にヒアリングし、必要に応じて関係機関につなぎ、医療機関を案内したりもする。

 相談は市高齢福祉課認知症施策推進係が平日午前8時30分から午後5時15分まで、直接窓口に来る場合も予約不要で対応する。専用回線【電話】046・260・5641

「早めの相談を」

 6日の「灯台」開設から21日までに、24件(窓口8件、電話16件)の相談が寄せられている。認知症者の介護を行う家族からの「気持ちを整理したい」といった相談や、「自分のもの忘れが気になる。もしかしたら認知症かもしれないので不安」といった本人からの電話もあるという。

 「症状が進行してしまってから実態が明らかになる、ということを防ぎたい。不安なことを早めに関係機関に相談してもらうために、より分かりやすく、気軽に相談できる環境を整える必要があった」と市高齢福祉課は話す。

「1万人時代」へ

 市の認知症者数は昨年4月の推計で約9500人。2025年には1万800人に増加すると予測されている。

 市は、2016年9月に「認知症1万人時代に備えるまち やまと」を宣言し、これまで様々な施策を積極的に進めている。17年には、徘徊時の鉄道事故などの賠償を保険でカバーする全国初の「はいかい高齢者個人賠償責任保険事業」を開始。GPS端末と専用シューズを用いた位置確認サービスや、認知機能検査も実施している。
 

大和版のトップニュース最新6

11月6・7日に延期

神奈川大和阿波おどり

11月6・7日に延期 文化

ぞめきは中止に

4月30日号

世界に発信、健康都市

世界に発信、健康都市 社会

シリウスの取組を紹介

4月30日号

専用封筒で発送スタート

ワクチン接種券

専用封筒で発送スタート 社会

接種予約は5月6日から

4月23日号

コンテストで全国1位

中央林間在住吉川さん

コンテストで全国1位 社会

応募総数564点の中から

4月23日号

「大流行、肌で感じた」

タウンレポート

「大流行、肌で感じた」 社会

医師会・小林会長インタビュー

4月16日号

5世代の車両一堂に

5世代の車両一堂に 経済

19日ロマンスカーミュージアム開業

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter