大和版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

「風化させない」思い強く 舘野鉄工所墜落事故慰霊祭

社会

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
32人が参列した
32人が参列した

 56年前に市内上草柳の舘野鉄工所に米軍のジェット戦闘機が墜落し、5人が亡くなった事故の慰霊祭が8日、墜落現場に建立された慰霊碑の前で行われた。

 慰霊祭には、厚木基地爆音防止期成同盟、大和市平和委員会、大和の空を考える市民ネットワーク、憲法九条やまとの会の4団体で作る慰霊実行委員会のメンバーを中心に32人が参列。善徳寺の柳沢樹丸住職の読経後、参列者が焼香した。遺族の舘野義雄さんは都合で不参加だった。

 事故は、東京五輪を1か月後に控えた1964年9月8日、厚木基地を離陸した米軍ジェット戦闘機が、エンジンの故障のため墜落。鉄工所の従業員や義雄さんの兄3人を含む5人が死亡、3人が重軽傷を負った。墜落現場の鉄工所敷地は、危険区域に指定され、現在は国有地に。慰霊碑は、事故から50年の節目となった2014年に、南関東防衛局の認可を得て、新しく建立された。以来、有料で借り受け、毎年国有地内で慰霊祭を開始している。

 実行委員会の共同代表の一人、宮応勝幸さんは「このような事故が大和で起きたことを、特に若い人たちに知ってもらえるよう、誰でも自由に慰霊できる場にしてほしい」と訴えた。同じく共同代表の大波修二市議は「慰霊碑を含む国有地を慰霊公園とすることは、基地返還を求める大和市にとって大切な意味を持っており、市長には決断してほしい」と理解を求めた。

大和版のローカルニュース最新6

防衛基盤の醸成に寄与

防衛基盤の醸成に寄与 社会

青木市議に感謝状

10月23日号

『半沢直樹』で剣道指導

『半沢直樹』で剣道指導 文化

南林間在住 土田真彦さん

10月23日号

読者プレゼント

読者プレゼント 文化

「秋の終わりのコンサート」

10月23日号

半年遅れの表彰式

半年遅れの表彰式 経済

「お店大賞」受賞店に盾

10月23日号

垂直・分散避難の判断も

地元音楽家がコンサート

コロナ禍の今こそ恩返し

地元音楽家がコンサート 文化

10月31日シリウスで

10月16日号

大和市立病院、職員を募集中

市民のみなさまに信頼される職員を目指して、一緒に頑張りましょう!

https://www.yamatocity-mh.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク