神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

小品盆栽愛好会の会長を務め、このほど「小品盆栽展」を開いた 甲斐 茂男さん 中央林間在住 82歳

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena

優しく丁寧に緑愛でる

 ○…小品盆栽愛好会の会長になって約1年が経過し、自宅には、70以上の盆栽が並んでいる。このほど開催した「小品盆栽展」では「盆栽の魅力を発信したい」と会員らの力作30点を並べ、来場者を楽しませた。現在は10月の開催に向けて「より多くの人に見てもらいたい」と準備を行っている。「盆栽は生きているので手間暇がかかる。ただ、何年もかけて満足できる作品ができた時はうれしい」と活動のやりがいを語る。

 ○…大阪府で生まれ、太平洋戦争の影響で大分へ移住した。幼少期は木登りが得意な活発な子どもで、小学生になると放課後に近所の川でよく魚釣りをしていた。中学生になった頃にテレビが普及し始め、画面に映る野球やプロレスの選手に夢中になった。高校時代は、自転車で片道1時間の道のりを通った。「帰り道に川沿いの土手を滑って遊んだのはいい思い出」と目尻を下げる。

 ○…卒業後は上京し、家具製造の会社で資材調達を行っていた。「宮内庁の家具を担当したこともあった。おかげで一生ものの自慢話になった」と笑顔。定年退職後に、元々興味を抱いていた盆栽を始めようと愛好会へ入会した。「ずっと材木を扱っていたが、盆栽に一変した。入会したての頃、講師の方から『小さく育てて、大きく見せる』と教わり、その教えは今でも大切にしている」と朗らかに語る。

 ○…趣味は記録で、盆栽の購入日や入手先などを細かく記した手帳を見せてくれた。「数字が好きで、盆栽以外のことも記録を取っているよ」と楽しげに笑う。5人の孫にも恵まれ、孫と会うことが一番の楽しみ。「庭の植物を見て喜んでくれる」と頬を緩める。孫の笑顔を見るために、小さな植物たちを丁寧に育ててゆく。

大和版の人物風土記最新6

渡辺 真梨美さん

さがみ生活クラブ生協大和コモンズの運営委員長を務める

渡辺 真梨美さん

深見在住 39歳

5月17日

森田 仁志さん

大和警察署の第57代署長を務める

森田 仁志さん

中央在勤 58歳

5月10日

樋口 邦彦さん

このほど小田急線大和駅の駅長に就任した

樋口 邦彦さん

大和南在勤 51歳

5月3日

古谷田 文隆さん

4月19日に地域の歴史を伝えるイベント「わにわにサロン」でゲストを務めた

古谷田 文隆さん

上草柳在住 81歳

4月26日

甲斐 茂男さん

小品盆栽愛好会の会長を務め、このほど「小品盆栽展」を開いた

甲斐 茂男さん

中央林間在住 82歳

4月19日

加藤 和也さん

4月1日付で大和市消防本部の消防長に着任した

加藤 和也さん

深見西在勤 59歳

4月12日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook