海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

飲食環衛業部会 農商工連携事業で高評価 関東商議所連合から表彰

経済

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
大豆普及に努めた飲食環衛業部会の岡さん
大豆普及に努めた飲食環衛業部会の岡さん

 海老名商工会議所の飲食環衛業部会(岡佐惠子部会長)がこのほど、農商工連携事業として進めている県指定の大豆普及の取り組みにおいて、関東商工会議所連合会から顕著な貢献を残した事業として「ベスト・アクション賞」を受賞した。

 「ベスト・アクション表彰」は、商工会議所の事業活動に関連して、まちづくりの推進や地域の活性化などに貢献し、他の模範となった事業を表彰する制度。103の商工会議所がある関東の連合会の所管で、毎年1回表彰が行われており今年で14回目となる。

 表彰を受けた同部会は、県指定の「津久井在来大豆」の普及に対して、海老名農業活性化事業組合と中央農業高校と協力し”農商工連携”をPRして地域活性に寄与。味噌として加工し、3万人が訪れる市内イベント「えびな商工フェア」など各種催しで販売や、味噌汁として2千杯無料配布などを継続して行っている事が高評価につながったという。

津久井在来大豆でブランド向上に期待

 同部会が取り組む「津久井在来大豆のブランド振興」は、海老名市を含む県央エリアの2015年度重点事業の一つとして位置づけられ、地産地消の観点から高い注目を集めている。名の通り、津久井エリアを中心にかつては広く栽培されてきた大豆だが、輸入品の影響などにより一時は収穫高が低迷。その後、農業高関係者の尽力により、年々栽培面積を増やすと同時に、2010年には「かながわブランド」の認定も受けている。現在では、県央エリアの5つの農協が「津久井在来マーク」を協同で商標登録し、消費拡大に向けて様々な取り組みを図っている。

 表彰を受けた同部会長の岡さんは「海老名商工会議所初の営利事業でもある事業。市の名産品に認められる事を目標に、今後も頑張っていきたい」と話した。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

綾瀬と海老名で振込開始

綾瀬と海老名で振込開始 社会

特別定額給付金、1人10万円

5月22日号

現職18人が出馬意向

座間市議選本紙調査

現職18人が出馬意向 政治

中澤氏と加藤(陽)氏は引退へ

5月22日号

PCR検査を実施

海老名市医師会海老名市

PCR検査を実施 社会

コールセンター経由の予約制で

5月15日号

持続可能な地域医療へ

タウンレポート

持続可能な地域医療へ 社会

オンラインで感染リスク軽減

5月15日号

学校給食の野菜を販売

学校給食の野菜を販売 社会

イオン座間が生産者支援

5月8日号

「コロナに負けるな」

「コロナに負けるな」 社会

Web限定記事 かにが沢公園こいのぼり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク