座間版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

困りごとを自分たちで 交流深めより良い地域に

社会

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena
困りごとを話し合う参加者
困りごとを話し合う参加者

 第2回相模が丘地域住民セミナーが2月5日、北地区文化センターで行われた。地域の“ちょっとした困りごと”を地域で解決できるようにしようと企画されたもので、地域住民ら70人ほどが集まり、困っていることやその対応策などが話し合われた。

 このセミナーは、各地域で行われた地域課題検討会議で各地域で課題を出し合い、自分たちでできることは何だろうと話し合った中で、相模が丘地区では、行政や介護サービスの隙間で、「ちょっと手伝ってくれると助かるな」という意見が多く出され、“ちょっとした困りごと”を地域で解決していこうと企画されたもので、相模が丘では2017年12月に第1回が行われた。

 セミナーの中で地域住民や(社福)座間市社会福祉協議会、包括支援センターらが相模が丘ふれあいネットワークを結成し、地域住民に“ちょっとした困りごと”に関するアンケートを実施したり、結果をまとめたりして、その地域で困っていること、解決できることを検討してきた。

 同地区での高齢者は24・9%と4人に1人が高齢者となっている。アンケート結果では、そのことから困りごとの内容が「蛍光灯取り替えなどの高所での作業」、「換気扇の掃除」、「重たいものを持ち帰る」、「病院の往復」、「ごみの仕分け」などであることが判明した。

 この結果を踏まえセミナーでは今後、サービスを提供する側と受ける側の仕組み作りや、協力者の募集など実際に困りごとを解決するための仕組み作りなど行っていく。

 地域住民と一緒にまちづくりに協力している座間市社会福祉協議会は「地域の人たちの交流を深めることが大切です。互いに得意なこと、できること・困っていることを理解し、男性の方が地域活動に参加しやすい雰囲気を作ったり、認知症の方も一緒にまちづくりに協力できるような仕組みづくりに協力していたい」と話している。

座間版のトップニュース最新6

公共施設再整備案を公表

座間市

公共施設再整備案を公表 社会

各地説明会後パブコメ

10月11日号

アライグマ捕獲年々増加

アライグマ捕獲年々増加 社会

生態系に多大な影響

10月4日号

「認知症は生活習慣病のうち」

特別企画

「認知症は生活習慣病のうち」 社会

「全市民規模で」見守る

10月4日号

10月から新運行開始

コミュニティバス

10月から新運行開始 社会

病院アクセスしやすく

9月27日号

「人が来る理由をつくる」

「人が来る理由をつくる」 社会

座間駅前で新イベント

9月27日号

容態別に支援を一覧化

簡易版認知症ケアパス

容態別に支援を一覧化 社会

初期〜寝たきりまで網羅

9月20日号

利用・購入は10月1日から

プレミアム付商品券

利用・購入は10月1日から 経済

「申請はお早めに」と呼びかけ

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

楽しく介護予防

楽しく介護予防

ポールウォーキング体験会

11月6日~11月6日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク