座間版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

第19回子育てフェス 440人参加で賑わう 当事者と支援者繋がる機会に

社会

人気の「新聞プール」ではしゃぐ子どもと保護者ら
人気の「新聞プール」ではしゃぐ子どもと保護者ら

 子育てを、「孤」育てにしない――。座間市内の子育てに関わる複数の団体で組織される「座間市子育て支援ネットワーク」が主催する「ざま子育てフェスティバル」が14日、ハーモニーホール座間で盛況のうちに幕を閉じた。

 同ネットワークは子育て支援の輪を広げるため、保育や読み聞かせを行う11のボランティア団体が加盟している。このイベントは、子育て中の保護者を対象に、支援者と繋がり、学び、楽しんでもらうことが目的。市から委託を受け行っているもので、今回で19回目。

 当日は、同ネットワークのスタッフらが中心となり、乳幼児が楽しめるさまざまな遊びコーナーや、保護者向けの支援情報コーナーなどを設置。ちぎった新聞をビニールプールに敷き詰めた「新聞プール」や段ボールで作った電車などがお目見えした。スタッフの一人は、「大がかりな遊びは家でやるには大変。きょうはわたしたちが請け負うので、思う存分遊んでほしい」と思いを語った。

 当日は、保護者などを合わせ約440人が来場。2歳と0歳児を連れた父親は、「いつも行くコミセンで知った。いろんな遊び場が用意されているので、今日は上の子が飽きるまで遊んでいきます」と話した。

クリーンセンターも参加

 市内のごみ収集を担当するクリーンセンターもブースを出展。収集中に回収し洗浄した空容器を的棒にした輪投げや、ごみの分別方法が視覚的にわかるパズルはすべて職員の手作り。職員の一人は「市民と直接触れ合える機会なので我々も毎年楽しみにしている。遊びながらごみの分別を知ってほしい」と話した。

 同ネットワークの代表でもあり、市内で子育てサロンなどを開催する「アクティヴ・ママ」の代表者は「今年は“笑顔ひろがる心つながる”がテーマ。家族で学び、楽しめる内容を多く用意した」としている。

 市生涯学習課の担当者は、「今年もたくさんの家族連れに来ていただいた。ボランティア団体情報などをきっかけに、保護者と支援者が繋がれるイベントをめざしたい」と振り返った。

座間版のトップニュース最新6件

走って新時代を祝う

モノづくりの楽しさ知る

11月30日に開業

相鉄・JR直通線

11月30日に開業

4月12日号

芥川薫氏が2期目

県議会選挙座間市選挙区

芥川薫氏が2期目

4月12日号

子育て支援センター移転

新1年生にリーフレット

座間交通安全協会

新1年生にリーフレット

4月5日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

チャリティコンサート

チャリティコンサート

サロンZAMA

4月27日~4月27日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク