厚木版 掲載号:2018年11月2日号
  • LINE
  • はてぶ

県議選 望月氏が立候補の意向 立憲民主党が公認

政治

望月真実氏
望月真実氏
 来春行われる県議会議員選挙の厚木市選挙区(定数3)に、市議の望月真実氏(48)が立憲民主党の公認で立候補する意向であることが分かった。同党神奈川県連合が10月19日、第3次公認候補決定者として公表した。

 望月氏は厚木西高校を経て、東京成徳短期大学を卒業。2015年の市議会議員選挙に立候補し、初当選。現在、市議1期目。

 本紙の取材に望月氏は「子育て世代の市議として教育関係の相談を頂く中で、県政の重要性を改めて感じた」とし、「地域の声を県に、しっかり届けていけるように取り組んでいきたい」と話した。

 県議選には現職の堀江則之氏(自民党)、山口貴裕氏(同)、佐藤知一氏(国民民主党)の3氏が、それぞれ党の公認で立候補を予定している。

〈10月31日起稿〉

厚木版のローカルニュース最新6件

変わったのは環境?意識?

「おかえり」いきものがかり

「多くの人に興味を持ってほしい」

厚木市消防団

「多くの人に興味を持ってほしい」

11月9日号

ルーツを武器にお笑い界の頂へ

かぐわしい魅力伝えて

“黒い鶏が産む赤い卵”

「おいしい厚木コンテスト」テーマ食材

“黒い鶏が産む赤い卵”

11月9日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク