厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

あさひ公園(厚木市旭町) 多世代の憩いの場に 2月24日にオープン

社会

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
完成へ向け工事が進む遊具ゾーン
完成へ向け工事が進む遊具ゾーン

 現在、リニューアル工事が進む厚木市旭町の「あさひ公園」。再整備の工事も大詰めを迎えており、いよいよ2月24日にオープンする。市公園緑地課では、「本厚木駅の南に位置する大きな公園。ぜひ多くの人に利用してもらいたい」と話す。

 あさひ公園は、公園の真下(地下)に約1万4800㎥の雨水貯留施設を整備するため、2017年に一旦閉鎖。その後、貯留施設が完成したことを受け、昨年9月から、地上部分のリニューアル工事が進められてきた。整備予算は2億3124万4200円。

 新しくなった公園は、広さ4371平方メートル。大きく3つのエリアに分けられ、多目的広場が約1100平方メートル、芝生広場が約780平方メートル、遊具ゾーンとなる。

 それぞれの特徴として、多目的広場は、整備前と同等の広さを確保し、イベント等でも使用できるように整備。芝生広場には築山を設置し、遊具ゾーンは幼児・児童・大人でエリア分けを行った。遊具周りは、落下や転倒時の安全性に配慮しゴムチップ舗装になる。遊具は、すべり台やブランコ、ターザンロープ、幼児遊具、健康遊具などが新しく設置され、園内にはトイレも整備された。同科の担当者は「多世代が利用できる憩いの公園になった」と話す。

 防犯対策として、公園の外周道路から公園内が見渡せるように、植栽は低木の生け垣に。外周道路や園内から全体が見渡せるように遊具が配置されている。

 また、先行して完成した貯留施設は、すでに運用が始まっている。昨年10月の台風19号の際には、市内の雨量は最大で37・5mm/時を記録。最終的に貯留槽が満水となったこともあり、市下水道施設課によると浸水被害の報告はなかったという。

完成式典を開催

 市では公園のリニューアル、貯留施設の完成における、地域や関係者の協力に感謝し、2月24日(月)午前10時30分から完成式典を開催する。園名板の除幕や、くす玉開きなどが行われる予定。
 

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

子どもの守り神に

恩名興福寺

子どもの守り神に 文化

山門前に地蔵尊を建立

10月1日号

産後のサポート事業拡充

厚木市

産後のサポート事業拡充 社会

母子のデイケアサービス開始

10月1日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook