厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

三思会東名厚木病院 県がん診療連携指定病院に 県央地区で初の指定

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
東名厚木病院(上)と山下巌院長
東名厚木病院(上)と山下巌院長

 厚木市船子の社会医療法人社団三思会(野村直樹理事長)東名厚木病院が3月27日、神奈川県から「神奈川県がん診療連携指定病院」に指定された。県央地区(厚木市・愛川町・清川村を含む5市1町1村)では初めての指定となり、県内の指定病院は12病院となる。同院の山下巌院長に指定までの経緯と、これからの思いなどについて話を聞いた。

 神奈川県がん診療連携指定病院とは、厚生労働省が定める全国で質の高いがん治療を提供する「地域がん診療連携拠点病院」と同等の機能を有するものとして、神奈川県が独自に指定している病院。5大がん(肺・大腸・肝臓・胃・乳)を中心としたがん治療(手術・放射線治療・化学療法)をはじめ、緩和ケア、地域連携などの視点から実績などで評価されるという。東名厚木病院の指定により、県全体の指定病院は4月1日現在で12病院(全体の4%以下)となった。

 東名厚木病院は1981年に開院。急性期病院として地域医療を支えつつ、2011年に厚労省から地域医療支援病院に認定された。2017年には放射線治療室(リニアック)を完備し、内視鏡センターや緩和ケア病棟の開設、がん相談専門ダイヤルの設置など、包括的ながん治療を提供するために体制を整えてきた。また法人としても市内を中心に医療・保健・福祉施設など18事業所を手掛け、予防から急性期、リハビリ、在宅までをトータルに支える。

地域医療を推進

 今回の指定を受け、27日には県庁で授与式が行われた。山下院長は「院内での発案から取得まで6年。医師だけでなく、コメディカルスタッフみんなの力で指定を受けられた。診療から治療、緩和まで、医療の質を確保し、今後はがんゲノム医療にも力を入れたい」と喜び気を引き締めた。

 山下院長は厚木病院協会の会長でもあり、地域医療構想の推進にも力を入れている。「地域でがん治療を完結できることで、患者さんの負担も減ります。地域医療を守るため、地元の開業医の方々と連携し、すべての人に適切な治療ができる環境を作っていきたい」と話した。

アイネックスがリフォーム博開催

10月31日湯花楽厚木店。屋根・外壁、キッチン、蓄電池のコーナーも

http://www.in-ex.co.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

剪定枝を堆肥化して販売

厚木市環境みどり公社

剪定枝を堆肥化して販売 社会

環境に配慮し資源化推進

10月23日号

男子公式戦デビュー

厚木市出身永里優季選手

男子公式戦デビュー スポーツ

早速兄のゴールの起点に

10月23日号

今年はメインツリーのみ

宮ヶ瀬クリスマス

今年はメインツリーのみ 社会

初のイベント中止

10月16日号

本格的な整備に向け前進

相模川三川合流点

本格的な整備に向け前進 社会

サウンディングを実施

10月16日号

処理手数料を値上げへ

厚木市粗大ごみ

処理手数料を値上げへ 社会

経費との適正化図る

10月9日号

防犯強化でタッグ

春日台区×ブルーライン

防犯強化でタッグ 社会

地域住民が青パト巡回

10月9日号

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク