厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

厚木市 ご当地ナンバーを導入 あゆコロちゃんで魅力PR

社会

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
新デザインのご当地ナンバープレート
新デザインのご当地ナンバープレート

 厚木市は、原動機付自転車用のご当地ナンバープレートを導入し、9月9日から交付を開始する。ご当地ナンバープレートにはマスコットキャラクターの「あゆコロちゃん」を採用し、豊かな自然や厚木市の街並みをデザインに落とし込んだ。

 ご当地ナンバーは県下33市町村のうち、海老名・座間・伊勢原など11市、愛川・湯河原など9町で導入されている。

 厚木市では、まちの魅力のPRや市民に愛着をもってもらおうと、2012年から「あゆコロちゃん」シールを余白部分に貼付するタイプのナンバープレートを交付してきた。この取り組みは当時、ご当地ナンバープレートの先駆けとして注目を集めたてきたが、近年は経年劣化により「シールが剥がれてしまう」といった声が多数寄せられていたといい、デザインや形を含めて一新されることになった。

 今回導入されるご当地ナンバープレートは、厚木市内を巡回している地域コミュニティ交通「ココモ」の運行車両に使用されているラッピングデザインを一部流用した。豊かな自然をイメージした緑色を基調とし、相模川に架かるあゆみ橋やアミューあつぎなどのビル群、大山といった厚木市を象徴する街並みが背景に描かれ、右側に「あゆコロちゃん」が配置されている。

特設会場で交付を受付

 厚木市市民税課では、9月9日(木)と10日(金)の2日間は本庁舎3階に特設会場を設け、交付を受付ける。希望すれば無料でご当地ナンバーへの交換にも応じる。受付時間は午前8時30分から午後5時15分まで。13日(月)以降は、同課窓口で対応するとしている。

 ナンバープレートは車種区分で4種あり、50cc以下は白、50cc超〜90cc以下が薄黄色、90cc超〜125cc以下は薄桃色、ミニカーは薄青色となっている。今回の導入によりシールを貼付する現行のナンバープレートは廃止され、ご当地モデルと無地モデルから選択できるようになった。

 同課担当者は「ご当地ナンバーを利用することで、市民の皆さんにまちに愛着を持ってもらうきっかけになれば」と期待を寄せていた。

 交付に関する問い合わせは同課【電話】046・225・2012へ。
 

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

駅前に「にぎわい」灯す

厚木市

駅前に「にぎわい」灯す 文化

23日からイルミネーション

10月22日号

100周年に向け始動

東京工芸大学

100周年に向け始動 教育

記念サイトを立ち上げ

10月22日号

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook