伊勢原版 掲載号:2014年9月12日号 エリアトップへ

金原亭馬吉さん 真打ち昇進 来年3月に「馬玉」披露興行

文化

掲載号:2014年9月12日号

  • LINE
  • hatena
落語講座で講師も務めた(9月3日撮影)
落語講座で講師も務めた(9月3日撮影)

 市内東大竹出身の落語家、金原亭馬吉さん(35歳)が真打ちに昇進する。落語協会や席亭が審議し、今年7月、馬吉さんに吉報が届いた。真打ち昇進後は馬吉から「馬玉」に改名。来年3月21日からは、東京都台東区の鈴本演芸場で真打ち披露興行が行われる。

 馬吉さんは桜台小、伊勢原中、伊志田高に学んだご当地落語家。2000年に金原亭馬生師匠に弟子入りし、03年には二つ目に昇進。その後も寄席で腕を磨き、入門から14年目で落語家の最高位に到達した。 

 馬吉さんは、「うれしさとプレッシャーの両方を感じております」と話し、「まだスタートラインに立っただけ。しっかりと精進いたします」と気を引き締めた。

喜びの声

 「いやあ、うれしいですね」。真打ち昇進のニュースを喜ぶのは、馬吉さんと小学校からの友人という岩瀬茂樹さん(35歳)だ。

 岩瀬さんと馬吉さんは、小・中学校が同じで、当時は毎日のように一緒に遊んだ。間近で見る馬吉さんは「真面目で辛抱強く、物事を最後までやり抜くタイプ」だったという。岩瀬さんは「持ち前の性格を武器にこれからも頑張ってほしい」と親友にエールを送った。

「また伊勢原で」

 9月3日、馬吉さんは市内桜台にある学習塾に招かれ、落語講座の講師を務めた。講座では技術指導だけでなく、落語「三方一両損」も披露。真打ちの実力に参加者たちは驚いた。今後について馬吉さんは「また故郷伊勢原で落語ができれば」と話していた。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6

市民音楽会を配信

市民音楽会を配信 文化

市公式YouTubeで

3月5日号

要請ある限り支援続ける

医療ボランティア

要請ある限り支援続ける 社会

精神科医 小綿一平さん

3月5日号

夏休みに被災地で活動

高校生ボランティア

夏休みに被災地で活動 社会

向上高生が9年間継続

3月5日号

会員寺院を紹介

市仏教会

会員寺院を紹介

新連載スタート

3月5日号

怒りの感情をコントロール

体温検知器を寄贈

平塚法人会青年部会

体温検知器を寄贈 社会

40周年記念し地域貢献で

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク