愛川・清川版 掲載号:2013年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川工科大チーム 3000キロの完走目ざす ソーラーカー世界大会へ出発

国内仕様の車体(上)を海外仕様へ改装(下)
国内仕様の車体(上)を海外仕様へ改装(下)

 神奈川工科大学の学生有志らによるソーラーカーチーム「KAITWSCプロジェクト」。10月6日から行われる世界最大級のレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」出場に向け、最後の準備段階に入っている。

 同大会はオーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの約3000キロを、太陽光の力だけで走るもの。赤土の大地を1週間かけて駆け抜ける過酷なレースだ。同チームは3輪タイヤなどが条件の「アドベンチャークラス」に出場する。

 プロジェクトのメンバーは学生8人を含む12人。今年創立50周年を迎えた同大学の記念事業にも採択されている。チームマネージャーの眞庭寛典さん(修士2年)は別チームで前回大会に出場経験がある。今大会は4人いるドライバーの一人として運転を担当する予定だ。ソーラーカーに憧れて同大学に入った眞庭さん。「まずはチームを安全に引っ張り、その上で3000キロを完走したい」と意気込んでいる。

 これまで国内レースに出場してきた同チームだが、海外の大会出場は初めて。機体の海洋運送や部品等での協賛企業探しなど、学生だけで交渉を続けてきた。昨年3月から製作を続けて

きた機体「KAITスピリッツ」は、オーストラリアの環境に対応するために改造。太陽電池やバッテリーも新たに作り直した。

 バッテリー改造を担当したのが3年生の山下瞳子さん。わずかなミスが運転不能につながる恐れのある溶接作業を一人でこなした。「自分にとって世界大会はおそらく最初で最後の挑戦。いい経験にしたいです」と話す。

 すでに先発隊はオーストラリアに到着。コースの下見などを行い、車検などの最終調整を済ませたのち、いよいよ10月6日、ソーラーカーに魅せられた学生たちの想いが荒野を駆ける。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク