愛川・清川版 掲載号:2013年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

歩くヒト型ロボット 試作機完成でお披露目

 今年5月に産学公が協働で「平成25年度内に歩く等身大のヒト型ロボット」を、と立ち上がったあつぎものづくりプロジェクト『ATSUMO』(中村幹夫会長・会員数27)。9月30日、神奈川工科大学(小宮一三学長)で試作機完成プレス発表会が行われた(=写真)。

 同学ロボット・メカトロニクス学科の学生3人と兵頭教授とともに登場したのは高さ90cm、重さ15kgのプロトタイプ。モーターの心臓部と骨格は炭素繊維で軽量第一。厚木市のイメキャラ「あゆコロちゃん」の兄弟イメージで「ロボコロ」と名付けられたという。  モーターの加熱による数度中断の後、ようやくはじめの一歩が実現。「シカの赤ちゃんを想像してください」と兵頭教授が分かり易く説明した。目指す真正ロボコロちゃんは身長170cm、体重はさらにダイエットして13kgだという。

 11月6日から東京ビッグサイト「2013国際ロボット展」に出展する。中村会長は「モータ部分以外のパーツは厚木市内のものづくり企業が担っている。ロボット製作が地域の活性化に繋がれば」と話している。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク