愛川・清川版 掲載号:2013年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

モンゴル相撲の横綱登場 あいかわ公園でフェス

迫力の取り組みに会場が湧いた
迫力の取り組みに会場が湧いた

 音楽や舞踊を通じてアジアの文化を紹介する「中津川モンゴルフェスティバル」が10月12日、県立あいかわ公園で開かれた。

 イベントは、モンゴル・ブフクラブ、モンゴル文化教育大学、ユーラシアンクラブ愛川サライの3団体の創設20周年を記念して始まり今年で3回目。モンゴル歌舞団のほか、愛川町を中心に活動する太鼓ユニットや音楽バンドも出演した。

 最も注目を集めたのは、モンゴル相撲の横綱も登場したブフ(相撲)大会。独特の衣装に身を包んだ力士たちは会場の拍手に迎えられ登場。大男のぶつかりあいは勝負のたびに歓声が上がった。勝った力士は会場にお菓子を投げ入れる。それを手にすると縁起がよいとアナウンスされると皆一様に手を伸ばしていた。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク