愛川・清川版 掲載号:2013年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

今年もやります 村図書館 本の福袋

本の福袋をピーアールする職員
本の福袋をピーアールする職員

 清川村図書館で12月21日から冬休み子ども週間特別企画が始まる。中でも注目は昨年度から始まった「本の福袋」だ。

 これは赤ちゃん、幼児、小学生、一般など世代別に様ざまなジャンルの本を5冊1セットとして貸出するもの。利用者が借りる時には、袋の中が見えないようになっているなど、普段は読まないような本に興味を持ってもらうための工夫が施されている。また、福袋の本は通常の貸出冊数にはカウントされない上、貸出期間が1カ月と長いため、いつもの読書にプラスアルファでじっくり読みふけることができる。 

 昨年度は開始から2週間程度で全て貸出されるなど、村図書館の遊びゴコロあふれる企画は利用者の評判も上々。職員は「今年もぜひ利用を」と呼びかけている。このほか1月15日までの期間中は、読書普及のための推薦図書展示、平成25年度本・DVD貸出ランキング発表がある。

 読み聞かせボランティア「おはなし玉手箱」による恒例のおはなし会は1月6日。午前10時からせせらぎ館で開かれる。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク