愛川・清川版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

3市町村の絆 襷で 厚木JCがリレーマラソン

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
厚木市役所をスタートするランナー
厚木市役所をスタートするランナー

 スポーツを通して厚木市・愛川町・清川村の3市町村の魅力を発信しようと、公益社団法人厚木青年会議所(茅孝之理事長/以下、厚木JC)は5月17日と18日の2日間、「絆リレーマラソン」を初めて開催した。厚木JCは、この3市町村を活動エリアとして、まちづくり運動や地域活性化の事業を行う団体で、フルマラソン大会実現に向けた活動もしている。

 今回の取り組みは、厚木JC内に今年度設置されたマラソン構想委員会(佐藤愼哉委員長)が担当。13人の委員が中心となり、昨年12月ごろから準備を進めてきた。イベントはフルマラソン大会を想定し、約42Kmのコースを設計。厚木市役所を起点に、愛川町役場、清川村役場を中継し、厚木中央公園がゴール。1区間(約2Km)を10人程度のグループで走り、2日間かけて1本の襷をつなげた。

 参加者は小学生から大人まで約200人。競技制ではないため、参加者はジョギングや歩く程度のスピードで地域の魅力を確認しながらリレーを楽しんだ。

 また、愛川町役場や清川村役場の中継所では、地元の団体による物産販売なども行われたほか、厚木中央公園ではゴールイベントも開催され、たくさんの人でにぎわった。

 佐藤委員長は「ランナーや出店者など、関わって頂いた方を通して、まちづくりに対する考え方が同じ方向を向いていることが確認できて良かった」と振り返った。茅理事長は「たくさんの絆が生まれて良かった。今回培ったノウハウをフルマラソン大会開催に生かしていきたい」と語った。

 フルマラソンは、3市町村の回遊性あるまちづくりの一環として、厚木JCが2010年に立案。翌11年には各首長に提言書を提出し、準備を進めている。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク