愛川・清川版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

絶滅危惧種カワラノギクの保護活動を続けている 小倉 久典さん 愛川町田代在住 61歳

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena

一途に夢追う行動派

 ○…環境省のレッドデータブックで絶滅の恐れが指摘されているカワラノギク。全国でも限られた河川敷に咲くこの可憐な花は、子どもの頃から馴染みのある心の原風景の一つ。「あの頃は意識していなかったけれど、身近な河原にたくさん咲いていた。一面に咲く景色をもう一度甦らせたい」と身を乗り出す。

 ○…石だらけの河原に深く根を張り、土砂混じる増水の後にも芽を出すたくましい植物だが、陽が遮られるとすぐに枯れてしまう繊細さを併せ持つ。治水が進んだ現在、河川に増えた草木に押され姿を消しつつある。兄が代表を務めるNPOが9年前から保護に乗り出していたが、当初は活動に携わることはなかった。4年前、夏の炎天下に一人で雑草を取る兄の背を見て「手伝ってあげようかな」と最初の一歩を踏み出した。草むらの中に静かに佇む小さな芽を見た瞬間「これは守ってあげなくては」と心に決め、今ではライフワークとなっている。

 ○…季節に応じて様々な作業があるが、一番の重労働は「草むしり」。「一週間ですぐに伸びる。真夏はひっくり返りそうになるほどだよ」と苦笑する。終わりの見えない雑草とのいたちごっこに心が折れそうになるが、最近は変化が起きている。大学生や地元金融機関職員が定期的に草むしりの手伝いに参加し、活動の輪が地域に広がりだした。「本当にありがたい。次世代に続くように、一人でも多くの方に参加してもらえたら」と瞳に力を込める。

 ○…来年には4人目の孫が生まれる。「やっぱり可愛い」と相好を崩す。若い頃から「休みの日でも何故か体を動かしちゃう」という性分で仕事は出張整体と建物解体で二足の草鞋。10月下旬にはカワラノギクの観賞会も控え、準備と仕事で大忙しの毎日だ。「百歳を超えて元気な人もいる。自分もその仲間に入りたいね」。心に深く根を伸ばした一途な郷土愛が、満面の笑みの原動力に違いない。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

村田 圭輔さん

青年海外協力隊としてブータンで農業支援の国際協力を行う

村田 圭輔さん

愛川町中津在住 29歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク