愛川・清川版 掲載号:2014年10月24日号
  • googleplus
  • LINE

白熱のドッジビー 清川で大会

飛び交うディスクを追う目は真剣そのもの
飛び交うディスクを追う目は真剣そのもの
 清川村の生涯学習センターせせらぎ館で10月11日、毎年恒例のドッジビー大会が開催され、小学生たちが熱戦を繰り広げた。

 ドッジビーとは、ボールの代わりに布製のフリスビー(ディスク)を投げ合う競技。当たっても痛みが少なく、安全で幅広い年代が楽しめるスポーツとして人気がある。

 この日は小学1年生から6年生まで約40人の子どもが参加した。子どもたちは2チームに別れ、大人チームとわせて3チームで6試合を行った。

 試合では、逃げる選手を狙ってディスクがコートを飛び交い、一人当たるたびに笑顔と歓声があがった。また、投げられたディスクを上手くキャッチして反撃する姿には拍手も起こっていた。参加した子どもたちは「投げるのは少し難しかった」「うまく投げられた」など笑顔で競技を楽しんでいた。

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク