愛川・清川版 掲載号:2015年11月6日号 エリアトップへ

きよかわ自然薯 今年は大きくて良質 村民有志が特産品づくり

文化

掲載号:2015年11月6日号

  • LINE
  • hatena
自然薯育成会メンバーと今作の収穫
自然薯育成会メンバーと今作の収穫

 清川村自然薯育成会(村上晴夫代表)が生産している「きよかわ自然薯」の初掘りが10月31日、同会の協同圃場で行われた。連作障害を防ぐために土と堆肥に力を入れた今年は「太くて長いものが多い」と作柄も上々。11日15日(日)に原下駐車場で午前11時から行われる「ふれあい買い物市」で今年の販売がスタートし、同会ホームページなどでも申し込みを受け付ける。

 同会は、村の新たな特産品を作り地域を活性化するとともに、耕作放棄地の解消を目指して2011年に発足。9人の会員たちが独自に工夫を凝らして自然薯を育成している。

 今年は畑に約70tの土と軽トラック4台分の堆肥を投入。昨年の約1800本を大きく上回る2200本が収穫予定だという。村上代表は「土の改良に力を入れたことに加え会員たちの技術向上もあって、1mを超える長いものが多い」と出来に太鼓判を押す。肝心の味についても、もっちりとした粘りと濃厚な風味で評判は高く、すでに過去に購入した人からの問合せも寄せられているという。

 詳細については同会のホームページ(「きよかわ自然薯」で検索)へ。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク