愛川・清川版 掲載号:2015年11月6日号 エリアトップへ

大学院生が旧校舎見学 半原宮大工の技巧学ぶ

教育

掲載号:2015年11月6日号

  • LINE
  • hatena
見学する院生たち
見学する院生たち

 東海大学工学部建築学科の小沢朝江教授と同大学大学院の院生が12月23日、県内最古の校舎である旧半原小学校校舎を見学した。

 この日は、教授と院生ら8人が校舎を訪問した。町文化財保護委員や半原宮大工矢内匠家十四代曾孫弟子の鈴木光雄さんが校舎内を案内。「関東大震災のすぐ後に建てられたので、出入口にはすぐに逃げ出せるような工夫があった」など、解説を受けながら校舎を見学した。

 小沢教授は「新しいものをデザインすることが多いが、古い建物や歴史を知ることは大切」と話す。参加した院生は「所々に宮大工ならではの技術が感じられる」と校舎内部を細かく観察していた。

 同校舎は1925年に完成した。木造平屋建てで、1977年度まで校舎として使用された。その後は町郷土資料館としても使用されたが現在は使われておらず、文化財として保存を求める声と、維持経費削減の面から取り壊しを主張する声があがっている。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク