愛川・清川版 掲載号:2016年3月11日号 エリアトップへ

繋がる気持ち持ち続ける 福島 と共に・さがみの会

社会

掲載号:2016年3月11日号

  • LINE
  • hatena
「お茶っこの会」の様子
「お茶っこの会」の様子

 厚木・海老名・愛川・清川に住む会員ら20人で活動している「福島と共に・さがみの会」。東日本大震災後、「神奈川に住む自分たちにできること」を考え、模索する人たちが2013年1月に立ち上げた。

 同会では、福島から避難してきた人たちを交えて、勉強会や情報交換、交流会を行っている。会に参加する福島県浪江町浮戸から愛川町に避難してきた二階堂政博さん(86)は「今は1人の生活。話をしたり、悩みを相談できる月に1度の癒される時間」と話す。

 「お茶っこの会」と名付けられたこの交流会は、毎月第2日曜日午後1時から、海老名の中新田コミュニティセンターで開催されている。

 詳しくは代表の新井範子さん【携帯電話】090・4759・9161へ。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク