三浦版 掲載号:2015年11月6日号 エリアトップへ

全国学力テスト 全教科で平均下回る 家庭学習の習慣化課題

教育

掲載号:2015年11月6日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市教育委員会は、今年4月に実施した「平成27年度全国学力・学習状況調査」の分析結果を先日公表した。小学6年生、中学3年生を対象に行われたもので、小中学校全ての教科で全国と県の平均正答率を下回っていることが分かった。

 同調査は児童生徒の学力や学習状況を細かく把握・分析することで、教育施策の成果と課題を検証・改善、指導の充実を図ろうというもの。市内の小学校8校、中学校3校に通う計647人を対象に、教科に関する調査(知識を問う「国語A」「算数・数学A」、活用を問う「国語B」「算数・数学B」に理科を加えた5つの学力テスト)と、児童生徒の生活習慣や学習環境等に関する質問調査が行われた。結果は各自治体の判断に委ねられ学校別に公表できるが、「序列化や過度な競争に繋がらないようにするため」として、三浦市では行っていない。また、調査は学力の特定の一部分の測定で、学校教育活動の一側面であるとの考えを示している。

 市教委の公表結果によると、実施された5つすべての教科で三浦市は全国と神奈川県それぞれの平均正答率を下回った結果となった。全国平均正答率と比べて、特にその差が顕著だったのは小学校。国語A 8・7ポイント、国語B 7・3ポイント、算数A 6・2ポイント、算数B 7・8ポイント、理科6・0ポイント下回っており、市教委は「全国平均との差は縮んでいるものの、依然としてやや低い傾向が見られる」と述べている。

 また、中学校でも全国平均をわずかに割り込んだ今回の結果を受け、「漢字や計算など基礎的な知識や技能の定着が課題」と分析する。テレビ視聴や携帯電話の使用の長時間化、平日の家庭学習時間が短い点などを指摘したうえで、「学力定着のためには基本的生活習慣や学習習慣の確立が必要」としている。

学びの機会を広げる

 三浦市社会福祉協議会では、今年度から生活困窮者支援対策の事業の1つとして、低所得世帯の子どもを対象にした学習支援を実施している。

 近年、深刻な社会問題になっている親から子への「貧困の連鎖」。基礎的な学習機会を提供することで貧困に関わる諸問題の解決や教育格差の解消を目的に、経済的理由で十分な教育が受けられない子どもに対して、教員OBらがボランティアサポーターとなり、自らのスキルや経験を活かして指導する。

 今年の夏休み期間中に試行実施されて以降、不定期ではあるが継続して行われ、参加者からおおむね好評を得ている同事業。今後の課題は、学習に関心の低い保護者に向けた働きかけ。学校、行政、地域との連携強化を図り、息の長い支援をめざす。

三浦版のトップニュース最新6

「シナーラ」がアジア初快挙

クラシックボートアワード

「シナーラ」がアジア初快挙 文化

シーボニア母港の木造帆船

5月14日号

現職吉田氏が出馬表明

三浦市長選

現職吉田氏が出馬表明 政治

「発展に全力尽くす」

5月14日号

5割増電子クーポン発行へ

5割増電子クーポン発行へ 経済

経済・子育て支援を拡充

4月30日号

御朱印求め身近な旅

開運半島詣り

御朱印求め身近な旅 文化

「龍神信仰」でつながる3社

4月30日号

「身近な下水道に親しみを」

三浦市

「身近な下水道に親しみを」 社会

マンホールカード発行

4月16日号

観光振興へ強力タッグ

観光振興へ強力タッグ 社会

5者が連携協定締結

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter