三浦版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

三崎小 「下町を元気に」児童が提案 活性化策を市長にプレゼン

教育

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
コミュニティーバス運行のメリットを説明する児童
コミュニティーバス運行のメリットを説明する児童

 市立三崎小学校(及川圭介校長)で今月20日、総合学習「三崎の町づくり」の発表会が行われ、6年生が趣向を凝らした活性化のアイデアを提案した。

 学習に際して下町の現状を知るため街を歩き、寂しく暗いイメージを持った児童ら。その後、人気観光地の浅草や日光を見学するなどして賑わいのヒントを探り、グループごとに下町活性化の方策を考えた。

 会では代表して3グループが発表。吉田英男市長と三壁伸雄教育長を前に、模造紙やフリップを用いながら堂々としたプレゼンテーションを行った。

 コミュニティーバスの運行を考えたグループは、三浦のご当地キャラクター「三浦ツナ之介」をデザインした「ツナバス」を提案。観光客を中心に地域住民の足としても活用できるよう使いやすさを重視したルートと料金設定のほか、内外装をツナ之介のデザインを施したラッピングバスによるPR効果もあるとアピールした。

 2番目のグループは若者の呼び込みを狙った下町オリジナルのキャラクターづくりと商品化を発表。熊本県のPRキャラクター「くまモン」の経済効果を例にあげ、キャラクターを通した知名度向上をめざしたいと説明した。最後に「三崎よくばり切符」と銘打った観光客の回遊を図るアイデアを発案したグループは、使われていない遊漁船の活用に着目。ハイカーで賑わう小網代の森と下町を船で結び、釣りやBBQなどのアトラクションを織り交ぜた宿泊プランを考えた。

 会を総括して吉田市長は、「ネーミングや、どうしたら利用者が喜ぶかよく考えられている」と講評。今後、関係事業者と相談・検討していくと伝えられると児童からは驚きや喜びの声があがっていた。

未経験から始められる医療事務!

三浦市立病院勤務・月収例269,152円。外来業務や夜間・休日受付のお仕事!

https://solasto-career.com/kanagawa/miurashi/miurashiritsu-byoin/1412700037-006/

<PR>

三浦版のローカルニュース最新6

要介護リスクを減らす

フレイル測定会

要介護リスクを減らす 社会

65歳以上対象に実施

5月14日号

整備終え、利用再開

小網代の森

整備終え、利用再開 社会

コロナ対策の徹底呼び掛け

5月14日号

楽しくおいしく食生活改善

楽しくおいしく食生活改善 文化

調理実習と講話で学ぶ

5月14日号

四季活写の力作集まる

観光写真コンクール

四季活写の力作集まる 社会

5月14日号

設備改修で臨時休館

潮風アリーナ

設備改修で臨時休館 スポーツ

5月14日号

聴く力を磨いて社会貢献

聴く力を磨いて社会貢献 社会

ボランティア養成講座

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter