三浦版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

三浦市 地域連携で読書促進 活字離れ改善に計画策定

教育

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
市が掲げる成果指標
市が掲げる成果指標

 三浦市はこのほど、「第2次子ども読書活動推進計画」を策定した。計画期間は2016年度から20年度までの5年。減少傾向にある読書時間や図書館の利用頻度を増大させるため、地域・学校・家庭の連携で環境整備を図る考え。

 子どもたちの読書離れや活字離れが叫ばれて久しい昨今。三浦市では、「知識を得るだけでなく、言葉や表現力、理解力の向上、探究心の醸成には読書が欠くことのできないもの」として、国の「子どもの読書活動の推進に関する法律」の公布に基づき2009年に第1次計画を策定。期間満了に伴って、今年度から5年間を期間とする第2次計画がつくられた。新しい計画では地域社会全体で子どもを育てるという観点から、家庭・地域・学校それぞれにおいて、子どもの自主読書を促進し習慣づけるための環境づくりや、そのために必要な整備内容・具体策、めざす数値目標などを明示している。

 まず家庭においては、乳幼児に対する読み聞かせの普及啓発を継続して実施する。「乳幼児期は言葉を覚え始めるなど本に出会う重要な時期」として、親子を対象にした読み聞かせ講座を引き続き開催するほか、健診時に配布する資料内におすすめの本を紹介するブックリストを掲載(試験的実施)。読書を通した親子のコミュニケーションも促進していくねらい。

 市内3カ所にある市立図書館では子ども向け図書の購入と併せ、1人あたりの貸出冊数が小学生に比べて少ない13歳〜19歳に向けた図書コーナーづくりに今年度から力を入れる。学校図書館利用率から見ても、小学生が52・0%であるのに対し、27・4%と低迷する中学生の拡大を図っていく。

 子どもたちに一番身近な学校の図書館での取り組みは、主に保護者らで組織する学校図書館ボランティアが寄与するところが多い。図書の整理、読み聞かせ、朝読書活動や市内在住の絵本作家を招いた朗読ライブを企画などさまざまな活動に取り組む。市は、ボランティア向けの講習会や学校間の相互連携を計画に盛り込み、後方支援を行う。

 しかし、ボランティアが介入できない部分も多く、教諭の専任化や学校司書の配置を求める声も多い。12学級以上の学校には司書教諭の配置が義務づけられているが、学級・教科担任との兼務によって十分な時間を読書指導に割けないのが現状で、三浦市議会でも度々質疑にあがっている。

 市教委でも配置について検討を重ねるが、当面はボランティアに協力を仰ぎながら役割を果たしていきたいとしている。

三浦版のトップニュース最新6

寺子屋で「もっと身近に」

三戸福泉寺

寺子屋で「もっと身近に」 社会

街に開かれた場めざす

1月21日号

29日から3回目予約

ワクチン接種

29日から3回目予約 社会

2月1日に接種開始へ

1月21日号

マリンパーク跡にキャンプ場

マリンパーク跡にキャンプ場 社会

油壺地域の活性化めざす

1月7日号

官学民連携で食の魅力発掘

官学民連携で食の魅力発掘 社会

レシピ集化をめざす

1月7日号

市民生活と地域経済守る

市民生活と地域経済守る 政治

新春市長インタビュー

1月1日号

地元舞台作品を初監督

小網代出身松倉さん

地元舞台作品を初監督 文化

2月公開めざし制作

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook