三浦版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

名向小 仲買人がマグロ解体披露 魚市場青年部による授業

教育

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
間近で行われる解体ショーに児童は釘づけ
間近で行われる解体ショーに児童は釘づけ

 市立名向小学校(小泉修校長)で今月20日、三崎魚市場青年部「鱗会(うろこかい)」(久野大介会長=人物風土記で紹介=)によるマグロの解体授業が行われた。

 マグロの解体を通して、三浦の水産業や特産品などについて理解を深めてもらおうと実施されているもので、この日、同校では3・4年生児童およそ120人が特別授業を受けた。

 同会が無償提供した北太平洋産メバチマグロを目の前に、子どもたちは興味津々。普段、見慣れている切り身の状態とは異なる丸々と太ったマグロが、プロの手で素早く解体されていく様子に次々と歓声があがっていた。

 講師役を務めたメンバーが、種類や漁場、部位、重さなどについて、クイズを交えて解説。その後、さばいた身は、保護者らによってサイコロステーキに調理されると、子どもたちは「お刺身は苦手だけど今日はとても美味しかった」と話すなど、笑顔で地元名物を頬張っていた。

三浦版のローカルニュース最新6

Zoom基礎講座

Zoom基礎講座 文化

65歳以上対象に指南

9月10日号

前田家文書にみる初声村

歴史講座

前田家文書にみる初声村 文化

9月10日号

警察の豆知識教えます

三崎署

警察の豆知識教えます 社会

HP内にキッズコーナー開設

9月10日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない コミュニティ文化

最新作オンライン配信

9月10日号

海岸美化に協力を

海岸美化に協力を 社会

2団体が清掃活動

9月10日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook