三浦版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

「大きな真珠になあれ」 名向小で特別授業

教育

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
慎重な手つきで作業する児童
慎重な手つきで作業する児童

 市立名向小学校(小泉修校長)で今月7日、5年生児童を対象に真珠の核入れの体験授業が行われた。

 かつて真珠の養殖研究が行われていた小網代湾で、「三浦真珠」の再生に向けて取り組むNPO法人「小網代パール海育隊(うみいくたい)」を筆頭に、京急油壺マリンパーク、東京大学三崎臨海実験所、みうら学・海洋教育研究所などが海洋教育の一環で実施したもの。

 児童らは、母貝となるアコヤガイの身に器具で傷をつけ、真珠のもととなる核と細胞片を1つずつ挿入する作業を体験。ここでの接着が真珠の出来を大きく左右するため、苦戦しながらも真剣な表情で核入れを行っていた。

 真珠の歴史や取り出す浜揚げ作業など、以前から三浦真珠の理解を深めてきた5年生。来年、同校創立50周年の節目に卒業を迎えることから、自らの手で核入れし、出来上がった真珠を卒業記念にする目的もあるという。「『大きくてきれいな真珠が出来ますように』と思って(核を)入れた」と話すなど、浜揚げを心待ちにしている様子だった。

三浦版のローカルニュース最新6

白紙撤回求め、陳情

【Web限定記事】市立小学校統廃合計画

白紙撤回求め、陳情 教育

2104人の署名提出

3月5日号

ふるさと福島を追われて

東日本大震災

ふるさと福島を追われて 社会

褪せぬ記憶と望郷の念を聞く

3月5日号

子ども料理教室

親子で野菜をつくろう

親子で野菜をつくろう 社会

農業体験講座

3月5日号

善意の食品寄付

仏花アレンジ講座

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク