三浦版 掲載号:2017年4月7日号 エリアトップへ

横須賀総合高(定時制) 「地元で働くを身近に」 今年度から就業体験導入

教育

掲載号:2017年4月7日号

  • LINE
  • hatena
生徒たちの質疑に答える3氏
生徒たちの質疑に答える3氏

 市立横須賀総合高校の定時制では、今年度から市内企業でのインターンシップ(職場体験)を開始する。

 同校の卒業後の進路は、就職や専門学校への進学が大半となっており、将来の職業選択や適性に合わせて、ビジネスや技術系の専門科目も開設している。同事業はキャリア教育の一環で、「地元で働くというイメージを、実際の現場で培ってほしい」と市教育委員会担当者は話す。

 インターンシップは希望制。地元の企業で年間35時間の就業体験を行い、1単位が認定される。数日の”体験”ではなく、働いている人と時間をかけて関わることで「社会を支える流れや、働く意義も身近に学べる」と市担当者。生徒のキャリア意識を高めることに加え、企業側は地域で活躍できる若手人材の確保・育成という循環を期待している。

経営者の生の声

 先月17日には、これに先立ち、同校ホールで受け入れ企業の経営者による講演会が行われた。登壇したのは、株式会社花和産業の永井福男氏(建設業/野比)、株式会社原田運送の原田周二氏(運送業/長井)、サガミホールディングス株式会社の水沢洋氏(サービス業/衣笠町)。3氏はそれぞれ事業紹介のほか、地域との関わり方や仕事に対する誇りなどを話した。

三浦版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月15日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 社会

プレゼントグッズを制作

1月15日号

横須賀市重文を美術館で

横須賀市重文を美術館で 文化

2点を特別展示

1月7日号

旬味わう料理講座

旬味わう料理講座 文化

ダイコンの創作レシピ

1月7日号

めざせ、健康長寿

めざせ、健康長寿 社会

フレイルチェック測定会

1月7日号

浦賀ドック発着「気軽に空旅」

浦賀ドック発着「気軽に空旅」 経済

城ヶ島など4コース

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook