三浦版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

スマイル住まいる三浦 介護施設を寺子屋に 学習支援に空き部屋活用

教育

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
個別指導で子どものつまずきをサポート
個別指導で子どものつまずきをサポート

 三崎口駅そばの介護サービス施設「スマイル住まいる三浦」(運営会社/(株)スマイル)で、今月6日から所内を開放した無料の学習教室が始まった。「地域の寺子屋」をめざし、毎週金曜の夜に開講。おもに中学生を対象とし、地域ボランティアや施設職員らが講師を務め、自主学習のサポートを行っている。

 開設のきっかけとなったのは、横須賀市池上にある系列施設の取り組みだった。同社のデイサービスを利用する高齢者が帰宅した夕方以降のスペース活用を検討していたところ、「子どもたちの学習の場として使えないか」との地元の声を受けた。昨年10月、近隣に住む中学生を対象とした学習支援教室がスタート。この動きを知った女性スタッフが「三浦にも作りたい」との要望し、今回の実現にこぎつけたという。中学生の子どもを持つ母親ということもあり、「学習塾や家庭教師は経済的負担が大きい。しかし、親が家庭内で教えるとなると小学生とは違って内容も難しい。地域で楽しく勉強できる場があるといいなと思った」と経緯を説明する。

 2回目の実施となった今月13日には、5〜6人の子どもが参加。ボランティアの指導を受けながら、施設側が無償で用意したプリントのほか、宿題や授業の復習などに取り組んでいた。

 「気兼ねなく集まれて、勉強の楽しさを感じてもらえる場所にしていきたい」と今後の展望を話すのは、管理者の畑尾明伸さん。目下の課題はボランティアの確保だといい、「よりよい支援をするために、多くの人に協力をお願いしたい」と呼び掛ける。

 受講や指導ボランティアの詳細・申込みは、スマイル住まいる三浦【電話】046・887・4660

三浦版のトップニュース最新6

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook