逗子・葉山版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

町在住大山さん 「五輪契機に英語話そう」 オリジナル教本 町に寄贈

教育

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を手にする大山さん(左)と山梨町長
感謝状を手にする大山さん(左)と山梨町長

 葉山町在住で英会話教室を主宰する大山ブーンさん(72)が、自らまとめた英会話教本240冊を町に寄贈した。文法がわからなくても覚えやすく、意味が通じるフレーズをまとめたユニークな内容で、大山さんは「五輪に向けて、英語に挑戦する人を応援できれば」と話している。

 大山さんは葉山町出身。幼少期にシンガポールで生活し一時帰国した後、ハワイの大学に通った。その後、日本で英会話講師のアルバイトを始め、現在は各地で英語教室を開いている。

 教本のタイトルは“おばちゃん英会話”。「英語にためらいや恥ずかしさは禁物で大きな声を出すのが大事。その点、日本の“おばちゃん”たちはとても優秀で、それを見習うためにもタイトルにしました」と笑いながら語る。

伝えること重視

 通常のテキストとは異なり、実践に重きをおいた内容。文法の正しさより、シンプルで意味が伝たわる約400のフレーズを収めた。主宰する教室の生徒に訪日外国人に対してどんなことを聞きたいかアンケートを行い、集まった1500フレーズから絞り込んだという。

「富士山を見るなら、一色海岸がいいですよ(Isshiki beach best spot to see Mt.Fuji)」、「あなたの国を応援します(I support your country)」など今すぐ使えるものから、あいさつや自己紹介、道案内、飲食店での注文の仕方、病院での対応まで網羅している。

 自費で5千冊製作し、講座を受け持っている県内の病院や看護学校などに配布している。6月には町の公民館教室の講師をボランティアで務めたたことから、今月8日には、町から感謝状が贈られた。

 大山さんは「私なりの町への恩返し。これをきっかけに英語に親しむ人が増え、海外からのゲストと気軽にコミュニケーションできる人が増えれば」と笑顔で話していた。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

記念事業でマスコット誕生

葉山警察署

記念事業でマスコット誕生 社会

『鎌倉ものがたり』の“ポン吉”

9月6日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

保育士確保、待ったなし

逗子市

保育士確保、待ったなし 教育

市役所で説明会初開催

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク