逗子・葉山版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

「飲食店ができることを」 学童へ弁当 子も手伝い

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「昼食問題」に対し、市内飲食店が奮闘している。逗子キッチン(逗子2の6の31)は今月6日、りす子どもクラブ(池子小学校区放課後児童クラブ)に通う子どもたちに無償で弁当を届けた。

 休校による行き場のない子どもたちの昼食問題を訴えるSNSの投稿を見たことをきっかけに、同店を運営する医療法人メディスタイルが呼びかけた。市内の企業や団体が応じ、食材の調達から配達まで、すべてボランティアで実施。当日はキッズボランティアも参加し=写真=、26食を届けた。同店は「自分たちができることをやっていきたい」と話していた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook