逗子・葉山版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

葉山すくパラ 個性生かす場作り 評価 子育て支援 内閣府から受章

コミュニティ教育

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena
野北さん(左)と理事メンバー
野北さん(左)と理事メンバー

 特定非営利活動法人葉山っ子すくすくパラダイス(野北康子理事長)がこのほど、令和2年度「チャイルド・ユースサポート章」を受章した。内閣府が子育てと子育てを担う家族を支援する活動において、地域や社会に積極的な貢献をした団体や個人の事例を全国から選び紹介するもの。行政から補助に頼らない運営や参加者が主体的に関わる場作りなどが評価された。

 町内で活動していた主任児童委員や絵本の読み聞かせグループ、子育てサークル等のメンバーが子育てガイドブックの作成や「子育てフェスティバル」を開催したことをきっかけに2007年、設立された同団体。

 現在はサポート会員が40人、メルマガ登録会員は300人以上にのぼる。毎週月曜、葉山町一色の「カフェ&スペースengawa」で、子育ての悩みを気軽に共有する「座談会」や育てにくさを感じる子どもへの専門的支援も実施しているほか、アロマ・マッサージ、屋外で調理を行う「はらっぱdeあそぼ」、正月飾り作りなど季節に合わせたイベントも開催。運営スタッフが子守をしながら、目の届く範囲で親たちがくつろぎ、相談やワークショップに集中できる環境を作っているのが特徴だ。

地域に根差し

 「参加者同士の話し合いから生まれたアイデアや『私これやってみたい』というママたちの声から始まったものがたくさんあります」と野北さんが語るように、ケーキ作りが得意な人が「1日カフェ」を開いたり、オペラ歌手という参加者の発案がきっかけで「0歳からのクラシックコンサート」を定期開催。地元タクシー会社による「子育てタクシー」の研修や実習などに協力してきた。また、メンバーの繋がりが発端となり、チリの女性をフェアトレードで支援する「マドレ・ラティーナ・プロジェクト」が6年前にスタート。語学やデザイン、写真など、それぞれの母親たちがスキルを生かして主体的に取り組み、バッグやポーチなどの羊革製品を開発。現在はネットショップのほか逗子駅前の舶来屋や葉山ステーションでも販売されるなど事業が軌道に乗り、行政の補助に頼らない運営にも寄与している。野北さんは「たくさんの方たちに支えられ、チャレンジしてこれたことに本当に感謝している。これからも、楽しみながら活動を続けていきたい」と話している。

 現在、緊急事態宣言下のため、毎週月曜の活動は休止中。子育ての悩みなどの相談は同団体【携帯電話】080・5404・3986で受け付けている。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6

「コロナ対策に全力」

葉山町予算案

「コロナ対策に全力」 社会

災害時宿泊費補助を創設

2月19日号

危険な崖地対策に注力

逗子市予算案

危険な崖地対策に注力 社会

支出増も財調水準キープ

2月19日号

中小向け家賃支援 要件緩和

逗子市

中小向け家賃支援 要件緩和 社会

県の時短営業協力店が対象

2月5日号

ワクチン接種の新部署発足

葉山町

ワクチン接種の新部署発足 社会

8人体制で準備進める

2月5日号

30年の歴史に幕

逗子市役所青い鳥

30年の歴史に幕 社会

「支えてくれた皆さんに感謝」

1月22日号

個性生かす場作り 評価

葉山すくパラ

個性生かす場作り 評価 コミュニティ教育

子育て支援 内閣府から受章

1月22日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月5日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク