逗子・葉山版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

ワイズミュージックコンサートを開催する 町屋 雄三さん 逗子市在勤 42歳

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

音楽の力で街を元気に

 ○…「イベント自粛が続いた街に、活気を取り戻したい」。その一心で、感染症対策を徹底した「ウィズコロナ時代」のコンサートを企画。会場設営やアーティストの手配、文化庁による支援事業への申請など準備に奔走してきた。「音楽の力で地域の方を笑顔にできたら」と語る。

 ○…逗子葉山で唯一のレコードレーベル「株式会社ワイズ音楽出版」の代表取締役であり、現役のギタリスト。音楽との出会いは兄の影響で聴きはじめた長渕剛だったという。好きが高じて弾き語りをするようになり、大学で出会った先輩と結成したフォークデュオでインディーズデビュー。ただ、「自分が前に出るより、支える方が好きだった」と1年で解散。その後はプロのバックギタリストのもとで修行し、様々なミュージシャンのサポートやアレンジャーとして活躍。12年前、結婚を機に逗子に移り住んだ。

 ○…ミュージシャンとして活動する一方、自分の住む地域のために何かしたいと会社を立ち上げ、音響事業を始めた。地域のイベントを裏から支えるうちに、本格的な設備を求める地域の音楽家たちのニーズに応えてスタジオ事業も開始。今ではアーティストのマネジメントや制作・流通まで一手に行っている。

 ○…コロナ禍で大きな影響を受けたエンタメ業界。「予定がなくなり、頭が真っ白になった時もあった」と振り返るが、スタジオ設備を生かしたライブ映像配信を実施するなど、困難をバネに走り続けた。今回の企画は、そうした挑戦の成果が詰まっている。「一番大事なのは音楽を作って喜んでもらうことだと再認識した。この先どんな時代になっても、この軸は変わらない」。辿り着いた境地の先へ、これからも進んでいく。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版の人物風土記最新6

日高 靖夫さん

スポーツ界におけるメンタル指導の啓蒙を行う

日高 靖夫さん

葉山町在住 47歳

8月5日号

福島 富子さん

神奈川県原爆被災者の会副会長で葉山支部会長を務める

福島 富子さん

葉山町在住 77歳

7月22日号

青柳 三保子さん

「ラブ&ピース」を主宰する

青柳 三保子さん

逗子市在住

7月8日号

石井 優愛さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

石井 優愛さん

川崎市在住 22歳

6月24日号

守屋 重雄さん

葉山・山楽会の会長を務める

守屋 重雄さん

葉山町在住 69歳

6月10日号

増田 竜雄さん

中小企業診断士で、はやま里づくりクラブを主宰する

増田 竜雄さん

葉山町在住 54歳

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook