藤沢版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

下土棚遊水地 供用を開始 引地川の氾濫防止へ

社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
下土棚遊水地の位置と俯かん写真(県藤沢土木事務所提供)
下土棚遊水地の位置と俯かん写真(県藤沢土木事務所提供)

 県は11日、2006年から続いていた引地川(延長約21Km)の「下土棚遊水地」の堤防整備が完了したと発表した。増水時に水位を下げるために一時的に水を逃がす遊水地を計4カ所整備し、新たに46万㎥の貯水が可能になる。秋の台風シーズンを前に、減災能力の向上が期待される。

 引地川は藤沢市を南下して相模湾に注ぐ二級河川。下土棚は、大和市に源を発する本流と綾瀬市から流れ込む蓼(たて)川が合流する市境で、大きく川が蛇行する地点に位置する。

 2006年に開始した同事業は、川の両岸に4カ所の貯水池を整備。県によるとこれまでの整備で約40万㎥の貯水量を確保。今後掘削工事や護岸工事、管理棟などの施設整備を段階的に進め、今年度内の完成を目指すという。

 同河川を巡っては過去に度々浸水被害が発生していたこともあり、県藤沢土木事務所は「災害規模を雨量で一概にくくることはできないが、今回の全体運用開始で、引地川流域の浸水被害の防止、縮小が見込める」と期待する。

 平時は市民が憩いや交流の場として活用できるよう、完成後は多目的に利用できる場所として整備する方針。サッカーグラウンドなどとして活用されている大庭遊水地と同様、広場や公園としての利用を想定しているという。

過去に浸水被害

 引地川は流域の急速な都市化などの影響で、台風による豪雨などで度々氾濫してきた経緯がある。同事務所によると、記録に残る最大の被害は、1976年9月の台風17号による洪水で、床下265棟、床上128棟の浸水被害が発生。こうした背景から県は79年から保水・遊水の増大を中心とする治水事業に取り組んできた。

 引地川においては、93年に約28万㎥の貯留能力を有する大庭遊水地の供用が開始されている。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

駅前をジャズ一色に

駅前をジャズ一色に 経済

来月イベント「元気届けたい」

10月23日号

鵠沼高校が悲願の初優勝

バスケ県秋季大会

鵠沼高校が悲願の初優勝 スポーツ

努力を積み重ね全国へ

10月23日号

都市構想、具体化へ前進

健康と文化の森地区

都市構想、具体化へ前進 社会

市街化区域編入へ準備会

10月16日号

「藤沢型」確立へ相談員

地域包括ケア

「藤沢型」確立へ相談員 社会

CSW全13地区に配置

10月16日号

江の島観光に追い風

Go Toトラベル

江の島観光に追い風 経済

宿泊利用「週末コロナ以前並み」

10月9日号

発熱患者対象に外来開設

市医師会

発熱患者対象に外来開設 社会

大庭の「北休日・夜間診療所」に

10月9日号

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク