藤沢版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

フジサワ名店ビルなど 駅前3棟一体化を検討 最大規模開発へ合意形成本格化

経済

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
建て替えが検討されている「391街区」
建て替えが検討されている「391街区」

 藤沢駅南口のフジサワ名店ビル、ダイヤモンドビル、CDビルから成る「391街区」が3棟を解体し、一体化した複合ビルとして建て替える計画を検討していることが分かった。近くテナント入居者向けに説明会を開催する予定で、2022年度中の都市計画手続きも視野に合意形成を本格化させる。実現すれば駅周辺で最大規模の開発となる見込みだ。

 3棟は1960〜70年代に完成。現在小売店や飲食店など65店が入居している。いずれも市民に馴染み深い商業ビルだが、関係者によると半世紀近くが経過し、老朽化対策が急務に。特にフジサワ名店ビルとCDビルは2017年に実施した耐震診断で「震度6以上の地震で倒壊または崩壊の恐れがある」とされ、同年に再開発に向けた準備組合が発足していた。

 対象区域はエリア中心の市有地を含む約5千平方メートル。商業・業務・ホテルなどを柱とした複合ビルを想定しており、関係者によるとこのほど都市計画法に基づく法定要件が「ほぼ整った」という。

 実現には、テナント事業者などへの説明会実施や都市計画決定の手続き、権利変換計画の認可などが必要になる。仮にスケジュール案通りに進めば解体、着工などを経て早ければ29年頃に駅周辺では最大規模の複合ビルが誕生する。

 駅前の再開発を巡って市は現在、公共施設や民間施設を建て替える際のガイドラインの策定を進めている。民間施設の建て替えについては容積率の緩和や補助金の活用など支援策も検討。官民連携のまちづくりを推進し、魅力創出や活性化につなげたい考えだ。

 駅周辺では現在東西地下通路の改修工事が進むほか、南口エリアでは自由通路の拡幅や小田急線の改札橋上化することが決まっている。

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

4回目接種 月内にも開始

新型コロナワクチン

4回目接種 月内にも開始 社会

60歳以上と基礎疾患ある人

5月20日号

待機児童2年連続ゼロに

待機児童2年連続ゼロに 教育

定員拡大策が奏功

5月20日号

全国初、災害備え新型車

藤沢市消防局

全国初、災害備え新型車 社会

遠距離から大量送排水可能

5月13日号

木彫のマリア像 長崎へ

みその台親松英治さん

木彫のマリア像 長崎へ 社会

「一生の仕事」40年かけ完成

5月13日号

3年越しの要望実る

藤沢大庭郵便局

3年越しの要望実る 社会

地域住民らが移設求め

5月6日号

学校運営に地域の力

コミュニティ・スクール

学校運営に地域の力 コミュニティ教育

市立小中13校に導入

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook