鎌倉版 掲載号:2011年9月9日号
  • googleplus
  • LINE

創立10年記念公演を開く「フェアリーベルリンガーズ」代表 加藤 尚美さん 今泉台在住 47歳

ハンドベルの魅力は癒し

 ○…今年で設立10周年を迎えたハンドベル演奏サークル「フェアリーベルリンガーズ」の代表を務める。9月24日(土)には第10回の記念公演を予定している。

 ○…ハンドベルとの出会いは中学生時代。フェリス女学院で「ハンドベルクワイヤ」が立ち上がったときの初代メンバーだった。大学時代は日本ハンドベル連盟の直属のチームで演奏を続け、就職とともに引退。28歳で結婚しイギリスへ。「住んでいた家の後ろの教会から鐘の音が聞こえてきて、とても懐かしい感じがした」と5年間の海外生活を振り返った。帰国後、今泉台の夫の実家で暮らし始め、「またハンドベルをやりたい」と思い大船で活動している「鎌倉ベルフラワー」主催のハンドベル教室に参加。そこで大学時代にともに活動していた仲間に再会し、「主婦が参加しやすい昼間に練習する団体を」ということで「フェアリーベルリンガーズ」を結成した。7人でスタートしたチームは、今は2倍の15人に増えた。現在は連盟で行う講習会の講師を務めたり、世界大会で通訳を担当するなどサポートをしている。

 ○…夫と義理の父母との4人暮らし。今年から趣味で野菜栽培を始め、きゅうりなどを栽培している。「自分で作ったものは特別おいしい」と笑った。

 ○…「聞く方も、演奏する方も癒される」とハンドベルの魅力を語る。演奏は1人で2つのベルを担当し、61個のベルを操る。「1人でも欠けたら演奏は完成しない。1番大事なのはチームワーク」と語る。ハンドベルは重いもので3kgほどあり、「重くて運搬が大変。ケースも1人じゃ持てないものもある」と苦笑い。演奏も練習も仲間が不可欠だ。「メンバーはほとんどが主婦。家族のことを優先しての活動なので、楽しめることが大事」と話し、のんびりとチームをまとめている。「このチームを残していきたい。若い人にも興味を持ってもらえれば」と会の今後を語った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク