鎌倉版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

衆院選4区 10万票超 浅尾氏が大勝 山本氏も比例で復活当選

政治

支援者から拍手で迎えられる浅尾氏
支援者から拍手で迎えられる浅尾氏

 衆議院解散にともなう総選挙の投開票が12月16日に行われた。自民党が294議席を獲得し、3年ぶりに政権を奪還した同選挙。4人が出馬した神奈川4区(鎌倉市・栄区・逗子市・葉山町)では、みんなの党・浅尾慶一郎氏(48)が10万票以上を獲得し、大勝。自民党・山本朋広氏(37)も追い風に乗り、比例で復活当選を果たした。他の候補者は支持を広げることができなかった。

 投票が締め切られた午後8時。早々に報道各社が浅尾氏「当確」を伝えると浅尾陣営の選挙事務所は歓喜に沸いた。

 20分後、盛大な拍手と「浅尾」コールで出迎えられた浅尾氏は「こんなに早い当確は予想していなかった。まだ票数を見ていないので、実感が沸かない」としながらも笑顔で万歳三唱。「民主がだめなら自民という流れの中で、どちらでもないところがこれだけ早く勝てたのは日ごろの活動の成果だと思う」と話し、集まった支援者一人ひとりと握手を交わした。

 前回の総選挙では、公示直前に参院議員を辞職、民主党を離党してみんなの党に鞍替えして臨み、厳しい戦いを強いられたものの比例で復活当選した。

 今回は「国の借金が増えた今、配分の政治よりも活力の政治を」と訴えて支持を広げ、念願の小選挙区での当選。「しっかりと目標を示し、必ず有権者の負託に応えたい」と誓った。

未明の一報、安堵

 出身地の京都から駆け付けた両親や支援者ら約30人が事務所で見守る中、自民・山本氏のもとに比例当選の知らせが届いたのは午前0時30分すぎ。「自民が全国的に優勢だったが、4区はとても厳しい戦いだった」と振り返り、感極まる一幕もあった。

 山本氏は「頂いた5万7千余の票の重みを受け止め、その思いを国会に反映させたい。東日本大震災の復興を加速させること、加えて経済の活性化と外交の立て直し、この3つに力を入れていく」と話した。

 一方、逆風にさらされた民主・荻原隆宏氏は3万3千票余と、政権交代の前回選挙で同党の長島一由氏が得た8万9千票の半分にも及ばず、民主党の議席を維持することができなかった。

 荻原氏は11月初旬の長島氏不出馬の意向を受け、民主党県連が候補者擁立を急ぐ中、横浜市議の職を辞しての国政選挙挑戦となった。同氏の選挙事務所では「あまりにも時間がなかった」と選挙戦を振り返った。

 前回、公認候補を擁立できなかった共産党。今回、加藤勝広氏は1万5500票近く獲得するに留まった。

投票率伸びず

 全国的に投票率の低さが際立った今回の選挙。神奈川4区は県内18選挙区の中で最も投票率が高かったものの、前回比7・82ポイント減の64・42%にとどまった。地域別にみると、鎌倉市は64・89%、栄区は63・71%、逗子市は64・38%、葉山町は64・63%だった。
 

万歳三唱する山本氏(中央)
万歳三唱する山本氏(中央)

鎌倉版のトップニュース最新6件

「梅の香りと店巡り楽しんで」

長谷地域商店主有志

「梅の香りと店巡り楽しんで」

2月16日号

ICカードで精算可能に

湘南モノレール

ICカードで精算可能に

2月16日号

歴史・文化の発信拠点に

旧県立近代美術館鎌倉館

歴史・文化の発信拠点に

2月9日号

外国人にスマホ貸し出し

神奈川県市観光協会

外国人にスマホ貸し出し

2月9日号

ゆかりの地「一色先生」が紹介

子育て支援・教育に重点

2018年度当初予算案

子育て支援・教育に重点

2月2日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク