鎌倉版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

行政の役割考える機会に 若年の政治意識啓発催し

政治

応募10チームから選ばれた「FKC」のメンバー。市内在住を含む30歳以下で構成=15日
応募10チームから選ばれた「FKC」のメンバー。市内在住を含む30歳以下で構成=15日

 若年層の政治意識向上を目的とした「自治体デザインコンテスト『未来鎌倉市』」の決勝コンテストが12月15日、鎌倉商工会議所のホールで行われた。優勝チーム決定後に、松尾崇市長らをゲストに「鎌倉市の未来」についてパネルディスカッションも行われた。

 着物で鎌倉の活性化を提案した優勝チームの「FKC」は議論の中で、NPOや企業が街の魅力を向上させる取り組みを行い、行政がサポートする仕組みが望ましいという意見を出した。

 パネリストとして参加した市内に本社を置くIT企業の面白法人KAYAC・柳澤大輔代表は「市が何をするかではなく、僕らが何をするかが重要」と行政に対する姿勢を語った。最後に松尾市長は、「熱意ある人たちと鎌倉を動かしていきたい」と締めくくった。

 今企画は市選管主催の初の取り組みで、議員インターンシップなど手がけるNPO法人ドットジェイピーが企画運営を担当した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク