鎌倉版 掲載号:2013年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

商業・観光3団体 割引付商品券で消費喚起 9月1日から使用開始

経済

事業をPRする大崎哲郎商工会議所会頭
事業をPRする大崎哲郎商工会議所会頭

 市内の商業、観光3団体が、市民を対象に割引特典の付いた「かまくらプレミアム商品券」を販売することになった。来春予定される消費税率のアップを前に、市内の消費を促すことで地元経済の活性化を図りたい考えだ。

10%のプレミアム付

 商品券を発行するのは、鎌倉商工会議所、市観光協会、市商店街連合会の役員で構成される実行委員会(実行委員長=大崎哲郎鎌倉商工会議所会頭)。

 鎌倉商工会議所では、長引く景気低迷に対する経済対策として、昨年から鎌倉市に商品券の発行を要望しており、今年3月には市議会定例会でも承認された。発行・運営は「市全体で取り組むために」(大崎実行委員長)3団体による実行委員会形式とした。鎌倉市内で同様の商品券が発行されるのは初めて。

 事業は2015年度までの3カ年で実施され、発行総額は13億2千万円(1回4億4千万円)。このうちプレミアム分の1億2千万円(1回4千万円)を市から助成を受ける。

 商品券は1千円の商品券11枚つづり(1万1千円分)を1万円で販売することで10%のプレミアムが付く仕組み。販売の対象は鎌倉市民で、購入の限度額は1人当たり5冊(5万円)。1回あたりの買い物で利用できる限度額は5万5千円となる。実行委員会では市内約500〜600店の参加を見込んでいる。

8月24日から販売

 第1回の商品券は9月1日から12月31日まで使用が可能。指定金融機関(湘南信用金庫)の市内5つの支店と商工会議所、市観光協会で8月24日から1カ月間、販売する(期間中でも完売次第販売終了)。

 第2回は2014年4月1日から7月31日まで、第3回は2015年10月1日から2016年1月31日までと、いずれも消費増税が実施されるタイミングで行われる予定だ。

 大崎実行委員長は「安倍政権による経済対策で景気は上向きつつあるが、市民生活に波及するまでにはタイムラグがある。商品券の発行で市内の消費を押し上げたい」と話した。

 詳細は、商工会議所内実行委員会事務局【電話】0467・23・2561へ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

改修終え4月1日再開

フラワーセンター

改修終え4月1日再開

3月30日号

地元企業が共同で「社食」運営

ごみ処理施策めぐり紛糾

鎌倉市議会

ごみ処理施策めぐり紛糾

3月23日号

障害者診療がスタート

市歯科医師会

障害者診療がスタート

3月23日号

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク